Excel

検索や置換、COUNTIFやSUMIFなどのExcel(エクセル)関数に使えるワイルドカードの使い方

 

Excel(エクセル)では、ワイルドカードと呼ばれる[*](アスタリスク)や[?](クエスチョン)、[~](チルダ)を使用することができます。これらのワイルドカードを使うことで、探したい文字が含まれる文字列や部分的に一致する文字列の検索などの高度な検索、置換、関数使用時の高度な検索条件の指定が可能になります。

 

この記事では、Excel(エクセル)でワイルドカードを使った応用テクニックを紹介します。

 

Excel(エクセル)で使えるワイルドカードとは

Excel(エクセル)で使えるワイルドカードには、[*](アスタリスク)[?](クエスチョン)[~](チルダ)があります。

[*](アスタリスク)は、任意の文字列を意味します。

[?](クエスチョン)は、任意の1文字を意味します。任意の2文字としたいときは、[??]とします。

[~](チルダ)は、上の2つのワイルドカード機能を打ち消します。[*]をワイルドカードとしてではなく、文字として検索する場合に使います。

 

 

ワイルドカードを検索や置換に使用する

Excel(エクセル)の検索置換では、ワイルドカードを使うことができます。

ワイルドカードは検索と置換で使える

 

使い方をまとめると、以下のとおりです。

ワイルドカード 意味 使用例 対象となる文字列
*


任意の文字列


山* 山形、山形県、山梨、山梨県
*山 富士山、吉野山、筑波山
*山* 富山県、山梨県、和歌山
? 任意の1文字 山? 山形、山梨
?? 任意の2文字 山?? 山形県、山梨県
~ 続くワイルドカードを文字として扱う ~*山* *山陰地方

 

検索[Ctrl]+[F])や置換[Ctrl]+[H])で使用するときは、[検索と置換]ダイアログのオプションにある[セル内容が完全に同一であるものを検索する]にチェックを入れてください。

セル内容が完全に同一であるものを検索する

 

ワイルドカードを使って検索する

ワイルドカード「~を含む」を検索する
Excelでワイルドカードを使って「~を含む」と検索するテクニック
Excel(エクセル)でワイルドカードを使って「~が付く」を検索するテクニック

 

ワイルドカードを検索する

ワイルドカード「アスタリスク」を検索する
Excel(エクセル)で[*](アスタリスク)を検索するテクニック
ワイルドカード[?](クエスチョン)を検索する
Excel(エクセル)で[?](クエスチョン)を検索するテクニック

 

ワイルドカードを使って置換する

ワイルドカードを使った置換・削除テクニック
Excel(エクセル)でワイルドカードを使った置換・削除のテクニック

 

 

ワイルドカードを関数の検索条件・引数に使用する

COUNTIF関数の第2引数[検索条件]などでは、ワイルドカードを使うことができます。

Excel(エクセル)関数内で使用するときは、指定する条件を、ダブルクォーテーション[""]で囲んでください。

ワイルドカード 意味 使用例 対象となる文字列
* 任意の文字列 "山*" 山形、山形県、山梨、山梨県
? 任意の1文字 "山?" 山形、山梨
?? 任意の2文字 "山??" 山形県、山梨県

 

 

比較演算子を検索条件・引数に使用する

COUNTIF関数の第2引数[検索条件]などでは、比較演算子を使うこともできます。

Excel(エクセル)関数内で使用するときは、指定する条件を、ダブルクォーテーション[""]で囲んでください。

演算子 使用例 意味
> ">100" 100より大きい
>= ">=100" 100以上
< "<100" 100より小さい(未満)
<= "<=100" 100以下
= "=100" 100に等しい(同じ)
<> "<>東京" 東京に等しくない

 

ワイルドカードや比較演算子をExcel関数で使う

CONUTIF関数でワイルドカードや比較演算子を使うと超強力

excel-0120_COUNTIF関数の基礎と応用
COUNTIF関数の使い方|以上・未満などの比較演算子とワイルドカード

 

SUMIF関数でワイルドカードや比較演算子を使うと超強力

SUMIF関数の基礎と応用
SUMIF関数の使い方|以上・未満などの比較演算子とワイルドカード

 




 

関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5