都道府県ランキング

【最新版】全国地震動予測地図(マップ)[2020年版]|地震調査委員会

 

令和3年(2021年)3月26日、政府の地震調査委員会は、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した地図を公表しました。

この地図は、地震の専門家が集まる政府の地震調査委員会が公表した[地震動予測地図]で、「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率」を色分けして示したものです。

全国地震動予測地図2020年版

出所:地震本部|地震調査研究推進本部地震調査委員会

 

 

2020年版の概要

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の地図(マップ)では、「北海道南東部や仙台平野の一部、首都圏、東海~四国地域の太平洋側及び糸魚川-静岡構造線断層帯の周辺地域などの確率が高い。」としています。

 

全国地震動予測地図(マップ)

最も高い確率を示すのは赤紫色で、これらの地域では今後30年以内に26パーセント以上、100年に1回程度以上の頻度で震度6弱以上の揺れに見舞われることを示しています。

 

参考
30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が、例えば3%であることは、大まかには約1,000 年に1回程度、震度6弱以上の揺れに見舞われることを示し、26%であることは、大まかには約100年に1回程度、震度6弱以上の揺れに見舞われることを示します。

 

今後、南海トラフ巨大地震や千島海溝沿いの巨大地震の発生が懸念されている東海から四国にかけてや、北海道の南東部、また、房総沖の巨大地震や、首都直下地震の発生が懸念されている首都圏などで、特に確率が高い赤紫色の地域が多くなっています。

 

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率(平均ケース・全地震)

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率(平均ケース・全地震)

関連記事最大震度は7、階級は「震度0~7」の10階級、マグニチュードとの違いや想定される状況をわかりやすく

 

地域別地震動予測地図(マップ)|今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

地域別の地震動予測地図(マップ)[今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率]です。

 

北海道

北海道の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

各振興局別【最新版】震度6以上、北海道地震動予測地図(マップ)[2020年版]|地震調査委員会

北海道の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

東北地方

東北地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

東北地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

関東地方

関東地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

関東地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

中部地方

中部地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県

中部地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

 

近畿地方

近畿地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

近畿地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

 

中国・四国地方

中国・四国地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県

中国・四国地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

 

 

九州・沖縄地方

九州・沖縄地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率。

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

九州・沖縄地方の今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率

関連記事最大震度は7、階級は「震度0~7」の10階級、マグニチュードとの違いや想定される状況をわかりやすく

 

都道府県順、超過確率順の確率一覧

震度5弱以上都道府県順、超過確率順の 震度5弱 以上の揺れに襲われる確率一覧

震度5強以上都道府県順、超過確率順の 震度5強 以上の揺れに襲われる確率一覧

震度6弱以上都道府県順、超過確率順の 震度6弱 以上の揺れに襲われる確率一覧

震度6強以上都道府県順、超過確率順の 震度6強 以上の揺れに襲われる確率一覧

 

自宅や職場、学校の住所からも検索することができる詳しい地図

全国地震動予測地図の詳細なデータや関連情報地震ハザードステーション(J-SHIS)

 

地震動予測地図を見るときの注意点

「確率が低いから安全」とは限らない

日本は世界的に見ると地震により大きな揺れに見舞われる危険性が非常に高く、過去200年間に国内で大きな被害を出した地震を調べると、平均して海溝型地震は20年に1回程度、陸域の浅い地震は10年に1回程度起きています。

 

このため、自分の地域で最近地震が起きていないからといって安心はできません。

 

日本国内で相対的に確率が低い地域でも、油断は禁物です。

 

そのような地域でも、1983年日本海中部地震(M 7.7)や2005年の福岡県西方沖の地震(M 7.0)、2007年能登半島地震(M 6.9) のように、大きな地震が発生し、強い揺れに見舞われて大きな被害が生じました。

 

1995年兵庫県南部地震(M 7.3)や2016年熊本地震(M 7.3)での強い揺れは、確率が比較的高いところに対応していると言えますが、直近には大地震が起きていなかった場所で発生しました。

 

地震動予測地図には不確実さが含まれている

地震動予測地図は最新の知見に基づいて作成されていますが、使用できるデータには限りがあるため、結果には不確実さが残ります。

 

例えば、地震計が設置されたのは明治以降のたかだか100年少々ですから、近代的観測データがあるのは、これまで地震が起こってきた長い歴史のうちのごくわずかの期間です。

 

また、国内にはまだ活断層調査等が十分でない地域があります。

 

こうした理由から、例えば、現時点では確率が低くても、今後の調査によってこれまで知られていなかった過去の地震や活断層の存在が明らかにされ、確率が上がる可能性があるなど、地震動予測地図には不確実性が含まれます。

関連記事最大震度は7、階級は「震度0~7」の10階級、マグニチュードとの違いや想定される状況をわかりやすく

 

出所

地震本部(地震調査研究推進本部地震調査委員会)

 

関連記事・新着記事

NAエラーを非表示に

Excel

2022/5/5

【簡単】#N/Aを非表示する・判定する3つの方法(エラー表示させない設定)

  [#N/A] エラーは、「データがない(not applicable)」または「データが利用できない(not available)」ことを意味するエラー値です。 Excelで、この[#N/A]エラーをよく目にするのは、VLOOKUP関数などの検索関数を使っているときに、指定した検索条件に合うデータがない場合です。   この記事では、IFERROR関数を使って[#N/A]エラーを非表示にする方法、[条件付き書式]と[ISNA関数]を使って、セルに[#N/A]エラーを入れたまま見えなく ...

続きを読む

INT関数(実践例・金種表)

Excel

2022/5/5

小数点以下を切り捨てて整数を返すINT関数の実践例【5選&金種表】

  この記事では、小数点以下を切り捨てて整数を求めるのが、ROUNDDOWN関数よりも簡単なINT(イント)関数を、実践例を5例挙げて紹介します。 また、ROUNDDOWN関数と小数点以下を切り捨てた結果が異なるパターンも併せて紹介します。 記事内ではExcelで金種表を作成しています。Excel版の金種表が必要な方はどうぞ。 →記事内で作成する[Excel金種表]   もくじ1 小数点以下を切り捨て整数を返す1.1 INT関数の書式1.2 負の値の扱いに注意2 金種表を作成する2.1 ...

続きを読む

Excel

2022/5/3

変化率・成長率の平均にAVERAGE関数は間違い!(相乗平均・幾何平均)

伸び率(成長率)や下落率などの変化率の平均を求める際に、単純平均(算術平均)やAVERAGE関数を使っていませんか? 比率の平均を求めるには、足してデータの数で割る算術平均より、掛けて累乗根をとる「相乗平均(幾何平均)」のほうが適しています。   この記事では、相乗平均(幾何平均)のほうが適している理由、「相乗平均(幾何平均)」を簡単に求めることができるGEOMEAN(ジオミーン)関数の紹介、そして、関数を使わないで「相乗平均(幾何平均)」を求める計算方法について説明します。   もく ...

続きを読む

週・月・年単位で集計する

Excel

2022/5/2

いまさら聞けない!【週・月・年単位】で集計する方法[Excelシート付]

日別のデータを1週間単位で集計するには、WEEKNUM関数とSUMIF関数を組み合わせます。 WEEKNUM関数で日付が月の第何週目かを求め、求めた値をSUMIF関数の条件に指定して、1週間単位のデータとして集計します。   また、月単位や年単位で集計するには、月単位の場合はMONTH関数で月を、年単位の場合はYEAR関数で年を取り出します。 取り出した月や年の値を、SUMIF関数の条件に指定して集計します。   →記事で紹介した例題をそのまま掲載した[練習用Excelシート] もくじ ...

続きを読む

FILTER関数は実務で必須

Excel

2022/5/2

FILTER関数とXLOOKUP関数などの組み合わせはすごい[Excelシート付]

この記事では、Microsoft365のExcelで使えるFILTER関数と、XLOOKUP関数やSORT関数などの他の関数を組み合わせて業務効率を格段に上げる方法を紹介します。   →記事で紹介した例題をそのまま掲載した[練習用Excelシート] もくじ1 FILTER関数とは1.1 FILTER関数の書式1.2 日付の場合はシリアル値で指定する2 氏名(文字列)で絞り込む3 売上(数値)で絞り込む4 月で絞り込む5 SORT関数で並び替え6 複数の条件で絞り込む7 XLOOKUP関数で特定の ...

続きを読む

Excel

2022/5/2

UNIQUE関数とTRANSPOSE関数を組み合わせて表頭をつくる[Excelシート付]

この記事では、Microsoft365のExcelで使えるUNIQUE関数と、TRANSPOSE関数やSUMIFS関数、SORT関数を組み合わせてピボットテーブルのような表をつくる方法などを紹介します。   →記事で紹介した例題をそのまま掲載した[練習用Excelシート] もくじ1 UNIQUE関数とは1.1 UNIQUE関数の書式1.2 第2引数「列の比較」1.3 第3引数「回数指定」2 UNIQUE関数とSUMIF関数の組み合わせ2.1 UNIQUE関数を入力する2.2 SUMIF関数を入力 ...

続きを読む

SWITCH関数とIFS関数

Excel

2022/5/2

SWITCH(スイッチ)関数とIFS関数の違い[Excelシート付]

Excel 2019以降で使用可能なSWITCH関数とIFS関数は、いずれも条件分岐の関数です。 この記事では、SWITCH関数とIFS関数の違いを事例を交えて紹介します。   →記事で紹介した例題をそのまま掲載した[練習用Excelシート] もくじ1 SWITCH関数とは2 IFS関数とは2.1 IFS関数の書式2.2 IFS関数の説明2.3 【参考】比較演算子3 SWITCH関数とIFS関数の3つの違い3.1 判定対象が1つか複数か3.2 完全一致のみか比較ができるか3.3 「いずれでもなか ...

続きを読む

参考文献

-都道府県ランキング
-

© 2022 まなびっと Powered by AFFINGER5