Excel

数値(小数点)を切り捨てるROUNDDOWN関数の使い方、TRUNC・INT関数との違い、使い分け

 

Excel(エクセル)の作業効率と正確さを10倍高める基本関数の1つ、ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数は、[数値を指定した桁数で切り捨てる]関数です。

切捨|ROUNDDOWN関数の桁数早見表

 

[=ROUNDDOWN( 数値 , 桁数 )]という書式で表します。

 

数値
切り捨てたい数値のあるセルを指定します。

 

桁数
切り捨てて、どの桁数にするのかを整数で指定します。

 

この記事では、ROUNDDOWN関数基本的な使い方と、TRUNC・INT関数との違い、使い分けを説明します。

 

 

ROUNDDOWN関数の基本的な使い方

ROUNDDOWN関数の書式

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数は、数値を、指定した桁数で切り捨てる関数です。

[=ROUNDDOWN( 数値 , 桁数 )]という書式で表します。

 

ROUNDDOWN関数を使って1,000未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.5671,000未満を切り捨てます。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。百の位を切り捨てたいので、[-3]とします。

=ROUNDDOWN(A2,-3]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,-3]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

百の位が切り捨てられ、1,000になります。

RD|切り捨て後[1000]

 

テクニック
[Ctrl]+[Enter]と押すと、B2セルが選択されたままになり、[Enter]と押すとB3セルなどに移動します。

 

ROUNDDOWN関数を使って100未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.567100未満を切り捨てます。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。十の位を切り捨てたいので、[-2]とします。

=ROUNDDOWN(A2,-2]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,-2]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

十の位が切り捨てられ、1,200になります。

RD|切り捨て後[1200]

 

 

ROUNDDOWN関数を使って10未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.56710未満を切り捨てます。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。一の位を切り捨てたいので、[-1]とします。

=ROUNDDOWN(A2,-1]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,-1]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

一の位が切り捨てられ、1,230になります。

RD|切り捨て後[1230]

 

 

ROUNDDOWN関数を使って整数に(1未満を四捨五入)する切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.5671未満を切り捨てし、整数にします。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。小数点以下第一位を切り捨てたいので、[0]とします。

=ROUNDDOWN(A2,0]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,0]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

小数点以下第一位が切り捨てられ、1,234と整数になります。

RD|切り捨て後[1234]

 




 

ROUNDDOWN関数を使って0.1未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.5670.1未満を切り捨てます。小数点以下1桁で表示します。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。小数点以下第二位を切り捨てたいので、[1]とします。

小数点以下1桁で表示したいので[1]と覚えてもいいと思います。

=ROUNDDOWN(A2,1]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,1]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

小数点以下第二位が切り捨てられ、1,234.5になります。

RD|切り捨て後[1234.5]

 

ROUNDDOWN関数を使って0.01未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.5670.01未満を切り捨てます。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。小数点以下第三位を切り捨てたいので、[2]とします。

小数点以下2桁で表示したいので[2]と覚えてもいいと思います。

=ROUNDDOWN(A2,2]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,2]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

小数点以下第三位が切り捨てられ、1,234.56になります。

RD|切り捨て後[1234.56]

 

ROUNDDOWN関数を使って0.001未満を切り捨てる

ROUNDDOWN関数を使って、1234.5670.001未満を切り捨てます。

 

ROUNDDOWN関数を入力する

(日本語入力OFFで)B2セルに[=rou]と入力します。

すると、ROUNDDOWNが表示されるので、ROUNDDOWNを選択[Tab]キーを押します。

RD|B2セルに[=rou]と入力

 

B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力されます。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(]と入力

 

数値を指定する

切り捨てる数値を指定します。

ここでの数値は、1234.567なので、A2セルを指定します。A2セルを選択します。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2]と入力

 

 

桁数を入力する

[,](半角カンマ)を入力し、続けて、桁数を入力します。小数点以下第四位を切り捨てたいので、[3]とします。

小数点以下3桁で表示したいので[3]と覚えてもいいと思います。

=ROUNDDOWN(A2,3]とします。

RD|B2セルに[=ROUNDDOWN(A2,3]と入力

 

確定する

[Ctrl]+[Enter](もしくは、[Enter])と押して確定します。

小数点以下第四位が切り捨てられ、1,234.567になります。

RD|切り捨て後[1234.567]

 

 

ROUNDDOWN関数とTRUNC関数の違い

数値を指定した桁数で切り捨てる関数には、TRUNC(トランク)関数もあります。TRUNC関数の書式はROUNDDOWN関数と同じです。

違いとしては、TRUNC関数は第2引数の[桁数]の指定を省くことができる点です。

これはTRUNC関数は第2引数の規定値が0となっているためです。

一方、ROUNDDOWN関数は、[桁数]を省くことはできません。

特に大きな違いはないため、どちらの関数を使用してもOKです。

 

ROUNDDOWN関数とINT関数の違い

ROUNDDOWN関数で、第2引数の[桁数]に0を指定すると整数になります。

同じく、数値の小数点以下を切り捨て整数にする関数として、INT関数があります。

 

ROUNDDOWN関数引数に指定された数値の小数点以下を切り捨てる

INT関数引数に指定された数値を超えない最大の整数を返す

 

[正の数]のときはは同じ

正の数のときは、第2引数に0を指定したROUNDDOWNとINTは同じ結果となります。

正の数のROUNDDOWN関数とINT関数

 

[負の数]のときは異なる

負の数値・マイナスの数値の場合は、異なった結果となります。

ROUNDDOWN関数は、小数点以下を切り捨てた結果となりますが、INT関数は元の数値(ここでは、-2.5)を超えない整数を返します。

負の数のROUNDDOWN関数とINT関数

 

 

ROUNDDOWN関数とINT関数の使い分け

小数点以下を切り捨てるという処理があるときで、負の数値・マイナスの数値を扱う場合は、どういう結果を返す必要があるのかによって、ROUNDDOWN関数とINT関数を使い分けることになります。

 

 

四捨五入するときはROUND関数

端数を四捨五入するには、ROUND(ラウンド)関数を使います。書式はROUNDDOWN関数と同じです。

記事案内Excel(エクセル)で四捨五入ができるROUND(ラウンド)関数の使い方|桁数の早見表あり

 

切り上げのときはROUNDUP関数

端数を切り上げるには、ROUNDUP(ラウンドアップ)関数を使います。書式はROUNDDOWN関数と同じです。

記事案内数値(小数点)を切り上げるROUNDUP(ラウンドアップ)関数の使い方

 

関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5