Excel

Excel(エクセル)でワイルドカードを使って「~が付く」を検索するテクニック

 

Excel(エクセル)では、ワイルドカードと呼ばれる[*](アスタリスク)や[?](クエスチョン)を使用することができます。ワイルドカードは、トランプで例えれば、万能カードのジョーカーのような存在です。

福●県が検索でヒットする

 

この記事では、Excel(エクセル)でワイルドカードを使った検索テクニックを紹介します。

 

Excel(エクセル)で使えるワイルドカードとは

Excel(エクセル)で使えるワイルドカードには、[*](アスタリスク)[?](クエスチョン)があります。

[*](アスタリスク)は、任意の文字列を意味します。

[?](クエスチョン)は、任意の1文字を意味します。任意の2文字としたいときは、[??]とします。

 

 

ワイルドカードを検索に使用する

Excel(エクセル)の検索[Ctrl]+[F])では、ワイルドカードを使うことができます。

[ホーム]タブの編集グループの[検索]

 

使い方を簡単にまとめると、以下のとおりです。

ワイルドカード 意味 使用例 対象となる文字列
* 任意の文字列 山* 山形、山形県、山梨、山梨県
? 任意の1文字 山? 山形、山梨
?? 任意の2文字 山?? 山形県、山梨県

 

検索[Ctrl]+[F])で使用するときは、[検索と置換]ダイアログのオプションにある[セル内容が完全に同一であるものを検索する]にチェックを入れてください。

セル内容が完全に同一であるものを検索する

 

 

ワイルドカードを使って「~が付く」を検索する

ワイルドカードを使って「~が付く」を検索するテクニックを紹介します。

参考ワイルドカードを使って「~を含む」と検索するテクニックはこちら

 

[福~県]を検索する

次のようなデータの中から、都道府県名が[福~県]になっているものを検索してみます。

基本的な使い方としては、[~]の部分をワイルドカードである[*]や[?]に置き換えます。

ワイルドカードを使って[福~県]を検索する

 

[福*県]と入力する

[Ctrl]+[F]と押し、[検索と置換]ダイアログを開きます。

[検索する文字列]の欄に[福*県]と入力し、[すべて検索]ボタンを押します。

[福*県]を検索する

 

 

文字列に[福]と[県]を含む文字、福井県、福岡県、福島県がヒットします。

[福*県]の検索結果

 

[福?県]と入力する

[Ctrl]+[F]と押し、[検索と置換]ダイアログを開きます。

[検索する文字列]の欄に[福?県]と入力し、[すべて検索]ボタンを押します。

[福?県]を検索する

 

文字列に[福]と[県]を含むもののうち、[福]と[県]の間の文字数が1文字福井県、福岡県、福島県がヒットします。

[福?県]の検索結果

 

[福?]と入力する

[Ctrl]+[F]と押し、[検索と置換]ダイアログを開きます。

[検索する文字列]の欄に[福?]と入力し、[すべて検索]ボタンを押します。

[福?]を検索する

 

文字列に[福]を含むもののうち、[福●]という2文字の文字列がここにはないので、エラーになってしまいます。

検索対象が見つかりません

 

[福??]と入力する

[Ctrl]+[F]と押し、[検索と置換]ダイアログを開きます。

[検索する文字列]の欄に[福??]と入力し、[すべて検索]ボタンを押します。

[福??]を検索する

 

文字列に[福]を含むもののうち、[福]の後が2文字福井県、福岡県、福島県がヒットします。

[福??]の検索結果

 

 

[福*]と入力する

[Ctrl]+[F]と押し、[検索と置換]ダイアログを開きます。

[検索する文字列]の欄に[福*]と入力し、[すべて検索]ボタンを押します。

[福*]を検索する

 

[?]と違い、[*]は文字数は関係ありませんので、文字列に[福]が付く福井県、福岡県、福島県がヒットします。

[福*]の検索結果

 

 

ワイルドカードを使って「~を含む」と検索する

ワイルドカード「~を含む」を検索する
Excelでワイルドカードを使って「~を含む」と検索するテクニック

 




 

関連記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5