Excel

平均値を求める【5つの関数】解説!AVERAGE~AVERAGEIFS・SUBTOTAL

 

平均といっても、数値の平均値、文字データを0とした平均値、指定した条件に合致する数値の平均値、指定した複数の条件をすべて満たす数値の平均値、フィルタで絞られた数値の平均値、非表示部分を除く数値の平均値など様々です。

 

この記事では、算術平均、相加平均と呼ばれる平均値を求める5つのExcel関数を紹介します。

AVERAGE 数値の平均値を求める
AVERAGEA 文字データを0として平均値を求める
AVERAGEIF 指定した条件に合致する数値の平均値を求める
AVERAGEIFS 指定した複数の条件をすべて満たす数値の平均を求める
SUBTOTAL フィルタで抽出した数値の平均値、非表示部分を除く数値の平均値を求める

 

 

AVERAGE(アベレージ)関数の書式

AVERAGE(アベレージ)関数は、数値の平均値を求める関数です。文字データは無視されます。

[=AVERAGE( 数値1[,数値2]・・・ )]という書式で表します。

 

数値
平均を求めるセル範囲を指定します。

 

アベレージ 書式
AVERAGE関数 数値1[,数値2]・・・ 

 

AVERAGE関数

 

 

AVERAGEA(アベレージ・エー)関数の書式

AVERAGEA(アベレージ・エー)関数は、文字データを0として平均値を求める関数です。

[=AVERAGEA( 数値1[,数値2]・・・ )]という書式で表します。

 

数値
平均を求めるセル範囲を指定します。

 

アベレージ・エー 書式
AVERAGEA関数 数値1[,数値2]・・・ 

 

AVERAGE関数とAVERAGEA関数の違い

AVERAGEA関数

 

AVERAGE関数は、売上合計を、文字データであるB5セルを除く6人で割った平均値を返します。

 

一方、AVERAGEA関数は、売上合計を、文字データであるB5セルの値を0として7人で割った平均値を返します。

 

 

AVERAGEIF(アベレージ・イフ)関数の書式

AVERAGEIF(アベレージ・イフ)関数は、指定した条件に合致する数値の平均値を求める関数です。

[=AVERAGEIF( 条件範囲,条件[,平均範囲] )]という書式で表します。

 

条件範囲
条件判定の対象となるデータが入力されているセル範囲を指定します。

条件
平均を求める対象のデータを検索するための条件を指定します。

平均範囲
平均を求める対象の数値が入力されているセル範囲を指定します。指定を省略すると、条件範囲のデータが計算の対象になります。

 

アベレージ・イフ 書式
AVERAGEIF関数 条件範囲,条件[,平均範囲]

 

AVERAGEIF関数

 

C9セルには、条件範囲をA2セル~A8セル、条件をA9セル、平均範囲をC2セル~C8セルとする、=AVERAGEIF(A2:A8,A9,C2:C8)という式が入っています。

 

条件であるA9セルに合致する(ここでは、営業1課)3人の平均売上が返されています。

C10セルには、営業2課、4人の平均売上が返されています。

 

AVERAGEIFS(アベレージ・イフ・エス)関数の書式

AVERAGEIFS(アベレージ・イフ・エス)関数は、指定した複数の条件をすべて満たす数値の平均を求める関数です。

[=AVERAGEIFS( 平均範囲,条件範囲1,条件1[,条件範囲2,条件2]・・・ )]という書式で表します。

 

平均範囲
平均を求める対象の数値が入力されているセル範囲を指定します。

条件範囲
条件判定の対象となるデータが入力されているセル範囲を指定します。

条件
平均を求める対象のデータを検索するための条件を指定します。

 

アベレージ・イフ・エス 書式
AVERAGEIFS関数 平均範囲,条件範囲1,条件1[,条件範囲2,条件2]・・・

 

AVERAGEIFS関数

 

 

SUBTOTAL(サブトータル)関数の書式

SUBTOTAL(サブトータル)関数は、指定した範囲を、指定した方法(合計・平均・個数等)で集計する関数です。

[=SUBTOTAL( 集計方法 , セル範囲 )]という書式で表します。

 

集計方法
1~11
101~111のいずれかの数値(番号)で指定します。

平均値を求めるには、1101を指定します。

 

セル範囲
セル範囲は 1つだけでなく、2つ以上も指定できます。

 

サブトータル 書式
SUBTOTAL関数 集計方法 , セル範囲 

関連記事
小計が複数あるときはSUM関数よりSUBTOTAL関数を使おう!

 

フィルタで抽出した数値の平均値を求める

フィルタ機能を使って抽出した数値の平均値を求めるには、SUBTOTAL関数を使います。

SUBTOTAL関数の第1引数集計方法には、1を指定します。

 

今、営業2課5月6日の売上というふうに、A列とB列にフィルタをかけています

 

このように、フィルタ機能で抽出されたデータの平均を求めるには、=SUBTOTAL(1,D2:D8)のように、SUBTOTAL関数を使います。

SUBTOTAL1

 

AVERAGE関数では、フィルタで抽出した数値以外も対象にしてしまうため、うまくいきません。

AVERAGE関数ではうまくいかない

 

表示部分の数値の平均値を求める

一部の行を非表示にしている場合に、表示部分の数値の平均値を求めるには、SUBTOTAL関数を使います。

SUBTOTAL関数の第1引数集計方法には、101を指定します。

 

今、2~4行目を手動で非表示にしています。

この場合に、非表示にされた部分を除いたデータ、表示されているB5セル~B8セルの平均を求めるには、=SUBTOTAL(101,D2:D8)のように、SUBTOTAL関数を使います。

SUBTOTAL101

 

AVERAGE関数では、非表示部分の数値も対象にしてしまうため、うまくいきません。

AVERAGE関数ではうまくいかない

 

 

この記事で紹介したように、平均といっても、様々な場合があります。

どのような平均値が求めたいかに応じて、関数を使い分けてください。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5