Windowsほか

【32選】Windows10ショートカットキー・早見表・一覧表・印刷用PDF付き

 

もくじ

Windows10の便利なショートカットキー

デスクトップを表示する[Windows]+[D]

複数のウインドウを開いている場合に、開いているすべてのウインドウを最小化し、デスクトップを表示するには、[Windows]+[D]を押します。

デスクトップを表示する WindowsD

 

もう一度、[Windows]+[D]を押すと、最小化したウインドウが元に戻ります

 

設定画面を表示する[Windows]+[I]

[Windows]+[I]と押すと、Windowsの設定画面が表示されます

Windowsの設定画面は、画面左下のスタートボタンをクリックし、設定ボタンをクリックして表示されるものと同じです。

設定画面を表示する WindowsI

 

エクスプローラーを開く[Windows]+[E]

フォルダを開きたい場合には、エクスプローラーを開くショートカットキー[Windows]+[E]が便利。

エクスプローラーを開く WindowsE

 

単独でも十分便利ですが、後で紹介する、アドレスバーを選択するショートカットキー[Alt]+[D]と組み合わせて使うとさらに便利です。

 

 

私は、よく使うフォルダパス(フォルダのアドレスバーの空白部分をクリックすると表示されるもの)を単語登録しています(よみ→[f]など)。

 

 

[Windows]+[E]でフォルダを開き、[Alt]+[D]でアドレスバーを選択し、[カナ/かな]キーを押して、単語登録している[f]を入力。
[変換]キーでフォルダパスを表示させて[Enter]。この操作で、マウスを触ることなく普段よく使うフォルダを表示させています。

 

 

特に、よく使うフォルダが深いところにある場合には重宝しますよ。

 

アクションセンターを表示する[Windows]+[A]

[Windows]+[A]と押すと、アクションセンターが表示されます

Windows10のアクションセンターは、新着メールやネットワークの設定、機内モードの設定、Wi-FiやBluetoothなどの設定、集中モードの設定、夜間モードの設定などが一覧で表示されるものです。

 

Tabキーで選択領域を切り替え矢印キーで選択し、Enterキーで実行できることから、
マウスを接続していないノートパソコンを操作する際には、使用頻度の高いショートカットキーです。

アクションセンターを表示する WindowsA

 

検索ボックスを表示する[Windows]+[S]

[Windows]+[S]と押すと、検索ボックスが表示されます

画面最上部には、Aすべてアプリドキュメントウェブその他のタブが表示されています。

これらのタブを選択すると、選択したタブで絞り込んだ検索ができます。

検索ボックスを表示する WindowsS

 

タスクバーからアプリを起動する[Windows]+[1]~[0]

デスクトップのタスクバーにピン留めしているアプリを起動できます。左から何番目のアプリかを[Windows]+[1]~[0]の数字キーで選択します。

タスクバーからアプリを起動 Windows10

 

下図のようにピン留めしている場合に、5番目にあるExcelを起動するには、[Windows]+[5]と押します。

【Windows】+【1】~【0】

 

クリップボードを開く[Windows]+[V]

過去にコピーしたデータを貼り付けるには、クリップボードを開きます。

クリップボードを開くには、[Windows]+[V]と押します。

クリップボードを開く WindowsV

 

クリップボードでは履歴が表示されるので、選択して貼り付けることが可能です。

 

ファイル名を指定して実行を表示する[Windows]+[R]

[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示するには、[Windows]+[R]を押します。
[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスの使い方は、主に以下の2つがあります。

ファイル名を指定して実行
を表示する
WindowsR

 

1つは、[ペイント]や[メモ帳]、[コントロールパネル]などのプログラムの起動です。

 

 

例えば、[ペイント]を開きたい場合、通常ならば、[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[ペイント]と進んでペイントを起動すると思います。

 

 

それを、[Windows]+[R]で、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示して、[mspaint]と入力すれば、ペイントが起動します。

なお、mspaintは、よみを[p]などとして単語登録しておくと楽に入力できます。

 

※ペイント頻繁に使うという方は、タスクバーにピン留めしておいて、先ほど紹介した、[Windows]+[数字]で開くのもありです。

 

 

[ファイル名を指定して実行]に入力するコマンド

[ファイル名を指定して実行]に入力するコマンドをいくつか紹介しておきます。

[mspaint]のほかにも、メモ帳を開く[notepad]や、コントロールパネルを開く[control]などがあります。

 

スペルを覚えるのは大変ですし、入力に時間もかかります。
よく使うものについては、単語登録して一発で入力できるようにしておきましょう。

起動するプログラム 入力するコマンド
ペイント mspaint
メモ帳 notepad
スタートアップフォルダを開く shell:startup
コントロールパネル control
電卓 calc
iTunes itunes
ワードパッド write
ワード winword
エクセル excel
パワーポイント powerpnt

 

 

もう1つの使い方は、[Windows]+[E]のところで紹介した、フォルダパス入力して、共有フォルダなどのよく使うフォルダを開くことです。

 

 

[Windows]+[R]のいいところは、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに、フォルダパスなどをすぐに入力できる状態になっていることです。

 

フォルダパスを入力する場合、[Windows]+[E]だと、
さらに[Alt]+[D]と押してフォルダパスを入力できる状態にする必要がありますが、
[Windows]+[R]だと、そのままフォルダパスを入力できます

 

フォルダパスを入力する場合には、[Windows]+[R]を使いましょう。

 

絵文字パネルを開く[Windows]+[.]

[Windows]+[.](ピリオド)で、絵文字パネルを開くことができます。
絵文字パネルには、顔文字や記号もあります。一度、試してみてください。

絵文字パネルを開く Windows.

 

PCをロックする[Windows]+[L]

[Windows]+[L]で、PCをロック状態にできます
一度ロック状態にすると、サインインの操作を行わない限り、Windowsの操作をすることができなくなります。

PCをロックする WindowsL

 

機密性の高い情報個人情報人事評価のデータなどを表示したまま離席する場合などには、ぜひ、活用してください。

 

すべてのウィンドウを最小化する[Windows]+[M]

[Windows]+[M]で、すべてのウィンドウを最小化することができます。

すべてのウィンドウを最小化する WindowsM

 

最小化したウインドウを戻すには、[Windows]+[Shift]+[M]と押します。

 

ダイアログウインドウが残るか、残らないかなどの違いはありますが、
デスクトップを表示するショートカットキー[Windows]+[D]との大きな違いは感じません

 

ゲームバーを起動する[Windows]+[G]

[Windows]+[G]で、動画撮影などができるゲームバーを起動することができます。

ゲームバーを起動する WindowsG

 

ゲームバーはXboxなどのゲーム画面や動画を撮影することを想定して提供されている機能のようですが、
パソコン操作を簡単に動画で記録することができるので、
操作マニュアルなどを動画でつくる場合に便利です。

 

 

ゲームバーでは、動画だけでなく、静止画(画面キャプチャー)も撮影できます
静止画を撮影したときは、ゲームバーの[スクリーンショット]を選んでください。

 

画面の一部を切り取る[Windows]+[Shift]+[S]

Windows10では、画面の一部を切り取るスクリーンショットのショートカットキー[Windows]+[Shift]+[S]が新たに追加されました。

このショートカットキーは大変重宝します。ぜひ、覚えてください。

画面の一部を切り取る WindowsShiftS

 

[Windows]+[Shift]+[S]を押すと、画面全体がやや白くなり、以下の切り取りメニューが画面上部中央に表示されます

 

【Windows】+【Shift】+【S】メニュー

 

画面の一部を切り取りたい場合は、一番左にして、マウスで切り取りたい部分をなぞります
なぞった範囲クリップボードにコピーされます。

 

 

切り取った画面 Word ExcelPowerPointなどに貼り付けることができるほか、
TwitterFacebookなどの投稿欄で、
貼り付けのショートカットキー[Ctrl]+[V]を押すことで、投稿に添付することもできます。

 

 

画面の一部を切り取るには、Windows標準搭載の「Snipping Tool」を使う方法もありますが、ソフトを起動しなくていい分[Windows]+[Shift]+[S]の方が優れていると思います。

 

キャプチャーをファイルとして保存する[Windows]+[Print Screen]

非常に使い勝手のよい、[Windows]+[Shift]+[S]ですが、
欠点を挙げるとすれば、「クリップボードにコピーされるだけ」ということです。

つまり、何かに貼り付けないと消えてしまいます。

 

クリップボードにコピーするのではなく、スクリーンショット画像ファイルとして保存する(png形式)には、
[Windows]+[Print Screen](ノートパソコンでは、[Windows]+[Fn]+[Print Screen]の場合があります)と押します。

キャプチャーを
ファイルとして保存する
WindowsPrint Screen

 

[Windows]+[Print Screen]は、画面全体をキャプチャーしてクリップボードへコピーし、
さらに画像ファイルを生成して、「ピクチャ」内の「スクリーンショット」フォルダに保存します

 

ウィンドウを最大化・最小化する[Windows]+[↑]・[↓]

現在開いている(アクティブ)ウィンドウは、[Windows]+[↑]で最大化[Windows]+[↓]で最小化できます。

右上の拡大ボタン(□)や縮小ボタン(-)をクリックしなくても、ウィンドウの大きさを切り替えることができます。

ウィンドウを最大化・最小化する Windows

 

ウィンドウを左半分・右半分に表示する[Windows]+[←]・[→]

現在開いている(アクティブ)ウィンドウは、[Windows]+[←]で左半分[Windows]+[→]で右半分できます。

このショートカットキーを使えば、簡単に分割表示することができます。

ウィンドウを左半分・右半分に表示する Windows

 

開いているアプリを切り替える[Alt]+[Tab]

[Alt]+[Tab]と押すと、起動中のアプリウインドウ一覧で表示されます

[Alt]キーを押したまま、[Tab]キーを押すと、起動中のアプリやウインドウが順に切り替わります

開いているアプリを切り替える AltTab

 

起動中アプリやウインドウが、キーボードだけ切り替えらえるので、マウスを使用できない場合にとても重宝するショートカットキーです。

 

アドレスバーを選択する[Alt]+[D]

[Alt]+[D]で、アドレスバーを選択することができます。

フォルダがアクティブになっている場合は、フォルダパスを、
Google Chromeなどのインターネットブラウザがアクティブになっている場合は、インターネットブラウザのアドレスバーを選択できます

アドレスバーを選択する AltD

 

インターネットブラウザのアドレスバーを選択するには、[Ctrl]+[L]でもできます。
好みに合わせて使ってください。

インターネットブラウザの
アドレスバーを選択する
CtrlL

 

プロパティを表示する[Alt]+[Enter]

ファイルやフォルダを選択して、[Alt]+[Enter]と押すと、ファイルサイズや作成日時、更新日時が確認できるプロパティを表示することができます。

プロパティを表示する AltEnter

 

プレビューパネルを表示する[Alt]+[P]

ファイルを選択して、[Alt]+[P]と押すと、ウィンドウの右側にプレビューパネルを表示され、ファイルの内容を見ることができます。

Pは、PreviewのPです。

プレビューパネルを表示する AltP

 

 

ExcelやWord、PowerPointでも使えるショートカットキー

ExcelWordPowerPointでも使える、共通のショートカットキーです。【7選】Excel、Word、PowerPointで大事なショートカットキーの記事で詳しく説明しています。

操作を元に戻す Ctrl + Z
元に戻した操作を取り消す Ctrl + Y
項目をコピーする CtrlC
項目を切り取る CtrlX
項目を貼り付ける CtrlV
すべての項目を選択する CtrlA
新規ウィンドウを開く
ファイルを作成する
CtrlN
ファイルを開く CtrlO
ファイルを印刷する CtrlP
複数の項目を選択する Shift 矢印キー
アルファベットを大文字に固定する Shift CapsLock

 

Windows10のショートカットキー一覧表

デスクトップを表示する WindowsD
設定画面を表示する WindowsI
エクスプローラーを開く WindowsE
アクションセンターを表示する
Windows + A
検索ボックスを表示する
WindowsS
タスクバーからアプリを起動する Windows10
クリップボードを開く WindowsV
ファイル名を指定して実行
を表示する
WindowsR
絵文字パネルを開く Windows.
PCをロックする WindowsL
すべてのウィンドウを最小化する WindowsM
ゲームバーを起動する WindowsG
画面の一部を切り取る WindowsShiftS
キャプチャーを
ファイルとして保存する
WindowsPrint Screen
ウィンドウを最大化・最小化する Windows
ウィンドウを左半分・右半分に表示する Windows
開いているアプリを切り替える AltTab
アドレスバーを選択する AltD
プロパティを表示する
Alt + Enter
プレビューパネルを表示する AltP
インターネットブラウザの
アドレスバーを選択する
CtrlL
操作を元に戻す Ctrl + Z
元に戻した操作を取り消す Ctrl + Y
項目をコピーする Ctrl + C
項目を切り取る Ctrl + X
項目を貼り付ける Ctrl + V
すべての項目を選択する Ctrl + A
新規ウィンドウを開く
ファイルを作成する
Ctrl + N
ファイルを開く Ctrl + O
ファイルを印刷する Ctrl + P
複数の項目を選択する Shift 矢印キー
アルファベットを大文字に固定する Shift CapsLock

 

印刷できる!ショートカットキー早見表・一覧表(PDF)

印刷用【Windows10】厳選ショートカットキー 一覧表(A4)

 

 

おすすめ記事

参考文献

-Windowsほか
-, , , ,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5