Excel

本日の行に自動的に色がつく!使いまわせるスケジュール表の作成方法【Excel付】

 

使いまわせるスケジュール表の簡単な作成方法【Excel付】の記事で、年と月を入力するだけで、その月の日付や曜日自動で切り替わるスケジュール表の作成方法を紹介しました。

今回は、このスケジュール表に条件付き書式を設定することで、本日の行に自動的に色がつくようにする方法を紹介します。

本日の欄に自動で色がつく

 

設定自体は極めて簡単ですが、1つだけ注意点があるので合わせて説明します。

また、ここでは、黄緑色がつくように設定していますが好みの色に変える方法も紹介します。

では、さっそく始めましょう。

 

本日の行に自動的に色がつくようにする

Excelブックをダウンロードする

適当なExcelブックが手元にない場合は、使いまわせるスケジュール表の簡単な作成方法【Excel付】の記事で紹介した、A1セルに【西暦】の数値、A2セルに【月】の数値(の文字の入力は不要)を入力するだけで、該当月の日付や曜日に変わるExcelブックこちらからダウンロードしてください。

 

条件付き書式の設定範囲を選択

まずは、条件付き書式を設定する範囲を選択します。
ここでは、A4セル~B34セルを選択します。
※B34セルの選択を忘れないように。

A4セル~B34セルを選択

条件付き書式を選択

[ホーム]タブのスタイルグループにある条件付き書式をクリックします。

条件付き書式の場所

 

そして、新しいルールを選択します。

新しいルールをクリック

 

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択します。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択

 

次の数式を満たす場合に値を書式設定ボックスに、=$A4=TODAY()と入力します。

これは、A列が今日(本日)ならばという意味で、
本日の行に、設定した書式が適用される(自動的に色がつく)ことになります。

条件付き書式(TODAY関数)

 

今日の日付のシリアル値を返すTODAY関数

TODAY関数は、今日の日付のシリアル値を返す関数です。
なお、TODAY関数には、引数(ひきすう)はありません。

[=TODAY(  )]という書式で表します。

 

セルにつける色を設定する

書式ボタンをクリックし、塗りつぶしタブを選択します。

色ボックスの緑(基本色40%)をクリックします。

塗りつぶし(緑-基本色40%)

 

これで、本日の行に自動的に色がつくようになります。

本日の行のセルに色がついた

 

条件付き書式を設定する際の注意点

複数の条件付き書式を設定している場合、優先順位に気をつける必要があります。

優先順位を確認したり、並び替えたりするには、
[ホーム]タブのスタイルグループにある条件付き書式をクリックします。

条件付き書式の場所

 

ルールの管理を選択します。

ルールの管理

 

開いた条件付き書式ルールの管理ダイアログで、今設定した条件が一番上に来ているかを確認してください。

条件付き書式ルールの管理ダイアログでは、上に表示されている条件が優先されます。

上に表示されているものが優先される

 

以下のように、下になっていると、上にある土曜や日曜、祝日の設定が優先されてしまいます。

土曜や日曜、祝日の設定が優先されてしまう

 

次のページ >好みの色に変える方法

次のページへ >

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5