Excel

【動画あり】Excelブックの切り替えはコレで決まり!

複数のExcel(エクセル)ブックを切り替えながら作業するのはとても面倒です。作業効率を考えるなら、絶対にマルチモニター ( デュアルディスプレイ )にするのをおすすめしますが、出先や移動中に作業するときは1つの画面で作業しなければなりません。そんなときは、この記事で紹介するショートカットキーがとても便利です。

Excel(エクセル)ブック間の移動は[Ctrl]+[Tab]がおすすめ!

多くの方は、Excel(エクセル)のほかにもメールやWebブラウザなど、さまざまなアプリケーションを起動した状態で作業をされているのではないでしょうか。

このような状況で、複数のExcelブックを行ったり来たりしながら作業するのは、大変面倒です。

 

こんなときにとても便利なのが、Excelブック間だけを切り替える(移動する)ショートカット[Ctrl]+[Tab]です。

[Ctrl]キーを押しっぱなしにして、[Tab]キーを押すたびに、Excelブックが切り替わるというショートカットです。

ブックの切り替え

 

メールや、chomeなどのWebブラウザなど、さまざまなアプリケーションを起動した状態で、Excelブックだけを切り替えたいときに使って、ぜひマスターしてください。マウス操作より楽なのが実感いただけると思います。

もし、複数のExcelブックだけを開いて作業しているという場合は、アプリケーションを切り替えるショートカット[Alt]+[Tab]でも、Excelブック間の移動ができます。

[Alt]+[Tab]の本来の使い方は、以下で紹介します。

 

Excel(エクセル)⇔Word(ワード)、Excel⇔PowerPoint(パワーポイント)なら[Alt]+[Tab]

ExcelブックとExcelブックを移動したいときは、[Ctrl]+[Tab]が便利ですが、ExcelブックとWord文書、ExcelブックとPowerPoint、Excelブックとメールなど、異なるアプリケーションを切り替えたい(移動したい)のなら、アプリケーションを切り替えるショートカット[Alt]+[Tab]を使ってください。

アプリの切り替え[Alt]+[Tab]

 

使い方は、[Ctrl]+[Tab]と同じ要領でOK。[Alt]キーを押しっぱなしにして、[Tab]キーを押すたびに、アプリケーションが切り替わっていきます。

これは、Windowsのショートカットになります。このほかのWindowsのおすすめのショートカットは、【18選】Windows10 厳選ショートカット・印刷用PDF付きの記事を参考にしてください。

 

まとめ

ExcelブックとExcelブックの移動といった、Excelブックだけを切り替えたいときは、[Ctrl]+[Tab]を、ExcelブックとWord文書といった異なるアプリケーションを切り替えたいときは、[Alt]+[Tab]を使うと、マウスを使わずに、キーボード操作だけで済み便利です。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5