Excel

Excelの作図に便利な Shift・Ctrl・Alt を積極的に使おう!

Excel(エクセル)で線や矢印などの図形を作成する際[Shift][Ctrl]、そして[Alt]は使っていますか。とても便利なので、もしまだという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

まっすぐな直線や正方形、正円を描きたいなら[Shift]

[Shift]を押しながら作図すると、四角なら方形、三角なら三角形、円ならが描けます(だ円や長方形になりません)。

六角形や八角形などの多角形なら多角形になります。

なお、一度作成した図形のサイズを調整するときに[Shift]を押しながら操作すると、縦横比を崩さずに大きくしたり小さくしたりできます。

 

また、[Shift]を押しながら線を描くと、角度が0°、45°、90°、135°、180°、225°、270°、315°の直線が引けます。

 

斜めになってしまった線をまっすぐにするには

[Shift]を押さずに斜めになってしまった線を、まっすぐにするには、まず、まっすぐにしたい線を選びます。[図形の書式]タブの[サイズ]グループにある[高さ]を0(ゼロ)にすればOKです。

以下の例では、[高さ]が0.31cmになっています。

今から高さを調整しようとしている

この0.31cmを0cmにすれば、まっすぐな直線にすることができます。

まっすぐな直線になった

 

Excel(エクセル)の枠線に合わせたいなら[Alt]

[Alt]を押しながら作図すると、セルの枠に沿って描かれます。

この機能を最も活用するのは、複数のセルにまたがる斜線を引くときです。

以下の例では、C5セルやF3の左上端、E6セルやH4セルの右下端にぴったり合った斜線が引けています。これは、[Alt]を押しながら線を引いたものです。

枠に沿った斜線を引けた

 

その他としては、複数の図形(オブジェクト)をセルに合わせて、揃えたりするときに活用です。

先ほどの例では、「[Alt]を押しながら作図すると、枠に沿った斜線が引ける」と書いた図形(オブジェクト)は、[Alt]を押しながら配置しています。ですから、K4セルの右下端に、図形(オブジェクト)の右下端がぴったり合っています。

 

図形をコピーしたり、中心位置を固定したいなら[Ctrl]

図形(オブジェクト)を好きな位置にコピーする

コピーしたい図形(オブジェクト)を、[Ctrl]を押しながらクリック(マウスの左ボタンは押しっぱなし)すると、図形(オブジェクト)をつかむことができます。

そのまま、好きな位置で離す(押しっぱなしのマウスの左ボタンを離す)と、図形(オブジェクト)が好きな位置でコピーされます。

[Shift]を合わせて押しながら、つまり、[Shift]+[Ctrl]と押しながら操作すると、コピー元の図形(オブジェクト)の縦横に沿った位置にコピーできます。

 

中心位置を固定する

作図した図形(オブジェクト)のサイズを変える際、[Ctrl]を押しながら操作すると、図形(オブジェクト)の中心位置が固定された状態での操作になります。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5