Excel

【オブジェクトの選択】のコマンドをクイックアクセスツールバーに追加する|Excel

 

オブジェクトの選択

カーソルで囲んで図や写真が選択できる【オブジェクトの選択】のコマンド。

オブジェクトを選択

 

この機能を使うときには、[ホーム]タブの編集グループにある[検索と選択]ボタンをクリックし、表示されるコンテキストメニューから【オブジェクトの選択】を選択する方が多いと思います。

検索と選択(オブジェクトの選択)

 

もしかしたら、アクセスキー[Alt]→[H]→[FD]→[O]を使う、という方がいらっしゃるかもしれません。

 

いずれにしても使用する際に、「めんどくさい」、「図や写真をさっと選択したいのに...」、「機能がどこにあったかわからない」などと思ったことはありませんか。

 

そんな方におすすめしたいのが、クイックアクセスツールバーに【オブジェクトの選択】のコマンドを登録するテクニックです。

 

 

【オブジェクトの選択】のコマンド

【オブジェクトの選択】のコマンドは、[Excelのオプション]ダイアログの[ホームタブ]にあります。

 

ファイルオプションと進み、クイックアクセスツールバーを選択

さらに、コマンドの選択を[ホームタブ]にすると、以下の位置にあります。

[オブジェクトの選択]ボタン

 

【オブジェクトの選択】のコマンドを選択後、[追加]ボタンをクリックして、クイックアクセスツールバーに登録します

 

クイックアクセスツールバーに登録しておけば、コマンドボタンが常に手前に表示されます

これで、探す手間と、リボンのどのタブにあるのかを覚える必要がなくなります。

 

 

オブジェクトの一部選択と全選択

オブジェクトを全選択するには、オブジェクトのどれか1つを選択した状態で、[Ctrl + A]と押します([全選択]のショートカットキー)。

 

一方、オブジェクトの一部を選択するには、【オブジェクトの選択】を使用するのがもっとも簡単です。

 

※オブジェクトを全選択する方法はほかにもあります。

関連記事Excelオブジェクトを全選択・複数選択する方法の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

なお、クイックアクセスツールバーにコマンドを表示・登録する方法、削除する詳しい方法を知りたい方は、関連記事Excelのクイックアクセスツールバーに表示すべき!おすすめのコマンドを参考にしてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ・関連記事

参考文献

-Excel
-, ,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5