Excel YouTube

練習問題あり!Excel絶対参照と相対参照をマスターしよう【動画解説あり】

 

相対参照とは

相対参照は、数式をコピーすると、数式に含まれるセルやセル範囲は、コピー元とコピー先の位置関係に合わせて変化します。

相対参照の例

以下の例では、E3セルに[=C3*D3]という数式が入っています。

E3セルに乗算

この数式をE4セルにコピーすると、[=C4*D4]と変化します。E3セル→E4セルと数字の部分だけの変化に合わせて、C3*D3C4*D4と数字の部分だけが変化しました。

E4セルに乗算

 

さらに、数式をE5セルまでコピーすると、[=C5*D5]と変化します。

E5セルに乗算

 

E3セル→E4セル→E5セルと数字の部分だけの変化に合わせて、C3*D3C4*D4→C5*D5と数字の部分だけが変化します。

このように、相対的なセルの位置関係がそのままコピーされるのが相対参照です。

 

絶対参照とは?

数式をコピーするとセル参照が変化する[相対参照]に対し、[絶対参照]は、数式をコピーしてもセル参照が変化しません。

絶対参照にするには、[$E$3]のように列番号(E)と行番号(3)の前に[$](ドルマーク、ドル記号)を付けます。

$E3]のように列番号(E)の前だけに、[$](ドルマーク、ドル記号)を付けることや、[E$3]のように行番号(3)の前だけに[$](ドルマーク、ドル記号)を付けることもあります。

 

絶対参照の例

以下の例では、D3セル~D6セルに構成比を表示させたいとします。そこでまずは、D3セル~D6セルを選択します。

D3セル~D6セルを選択

 

次に、D3セルに、[=C3/C6]と数式を入力します。ここで、合計の欄を示すC6セルは動いてほしくないので、ドルマークをつけた絶対参照にし、動かないようにします。

絶対参照にするには、ファンクションキーの[F4]を押すのが便利です。

D3セルに[=C3/C6]と入力

 

[F4]キーを押すと、[=C3/C6]という数式が、[=C3/$C$6]へと変化します。

C6を絶対参照に

 

テクニック
このまま、[Enter]を押してはいけません。単に[Enter]を押すのではなく、[Ctrl]+[Enter]と、[Ctrl]を押しながら[Enter]を押します。

すると、D3セルだけでなく、D4セル~D6セルにも数式が入力されます。[Ctrl]+[Enter]はコピーではなく、入力なので、罫線などの書式には影響を与えません!

[Ctrl]+[Enter]は、スペシャルなショートカットキーなので、絶対覚えてください。

[Ctrl]+[Enter]で確定

 

そのまま、パーセント表示にするショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[%]を押して、パーセント表示にすれば完成です。リボンのホームタブにある[%]ボタンを押してもOK。

D3セル=D6セルに構成比が入力できた

 

数式の確認

入力された数式を一気に表示し確認するショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[@]を押します。

相対参照のままのC3セルは、C4セル→C5セル→C6セルと変化していますが、絶対参照にしたC6セルは変化していないことが確認できます。

入力された数式を一気に表示

 

※表示された計算式を、元の計算結果の表示に戻すにはもう一度、[Shift]+[Ctrl]+[@]と押してください。

このように、列番号や行番号を変化させないようにするのが、[絶対参照]です。

 

絶対参照にするには[F4]キーが便利!

絶対参照にするには、[F4]キーがとても便利です。なお、[F4]キーによる絶対参照の指定は、[F4]キーを押すたびに、[C6](相対参照)→[$C$6]→[C$6]→[$C6]→[C6](相対参照)と切り替わります。

 

練習問題|絶対参照を使った数式で九九がつくれますか?

最後に、練習問題を出しておきます。

以下のように、表頭と表側がある場合に、九九の表を絶対参照を駆使した数式で完成させてください。

九九を入力するための表

ヒント|表頭と表側を動かないようにする

こんな感じになる数式を考えてください!

九九の表イメージ

 

解答例

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel, YouTube

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5