Windowsほか

単語登録は最も簡単&驚異的に仕事が速くなるおすすめテクニック!ショートカットを覚えてフル活用

単語登録はショートカット[Ctrl]+[F7]で!

Wordなどを起動して、[Ctrl]+[F7]とすると、単語登録の画面が表示されます。[単語]と[よみ]を入れたら、[登録]で完了!

単語登録画面

 

画面のように、[単語登録]のショートカットキーを登録しておくと、いちいちショートカットキーを調べなくて済みますよ。何度も使って覚えたら[ユーザー辞書ツール]を開いて、削除してください(笑)

 

単語登録のコツ!

単語登録には「よみ」のルールを決めておくことが必要です。おすすめのルールを5つ紹介します。

 

アルファベット1文字にする

このルールがとにかくおすすめです。共有フォルダなどのよく使うフォルダのフォルダパス→[f]、メールアドレス→[m]、会社の住所→[k]、会社名→[k]、郵便番号→[y]といった感じにします。

 

 

このルールで注意しなければならないのは、[a]、[i]、[u]、[e]、[o]は使わないこと!です。子音のアルファベットのみにしてください。

 

セミコロン[;]を有効活用に使う

とっておきのルール、第二弾は、セミコロン[;]を使うことです。理由は、手をキーボードのホームポジションに置いた時に、右手の小指を置いているキーでありながら、日本語入力ではほとんど使わないキーだからです。こんなに押しやすいキーを使わない手はありません!

 

 

このサイトでは、角括弧[]や墨付き括弧【】をよく使っていますが、実は、セミコロンで出るように単語登録しています!単語登録 墨付き括弧

 

丸括弧()なら、数字キーを押す感覚で押せますが、角括弧[]や墨付き括弧【】などの括弧を入力するには、少し離れた普段あまり押さない位置のキーを、しかも、[Shift]も押さないといけないので手間です。

 

 

それが、[よみ]をセミコロンにして単語登録しておくことで、手はホームポジションのままで、[Shift]も押さずに済みます。押しやすさが違いすぎます!

 

 

もちろん、丸括弧→[m]、カギカッコ→[k]、墨付き括弧→[s]という[よみ]にしてもいいと思います。その際は、セミコロン;]に、もっと入力に手間のかかる文字列を登録してください(笑)

 

セミコロン[;]で補完する

上記の応用技です。アルファベット1文字[よみ]にして登録していくと、競合が多くなってしまいます。それを回避する手段として、セミコロン[;]を利用します。

 

 

例えば、カギカッコ→[k]、会社の住所→[k;]という具合にです。

 

 

これは、[変換候補を少なくする意味]もあります。

 

母音+セミコロン[;]ならOK

[あ;]、[い;]、[う;]、[え;]、[お;]はOKです。こんな日本語はないので、変換候補が競合することがないからです。

 

文字の後ろにアルファベットをつける

これも、変換候補を少なくするためです。例えば、個人のメールアドレス→[m]、会社のメールアドレス→[m]という具合にです。※自分のメールアドレスという意味で、[j]です。

 

2文字程度にする

これは、省力化のためです。いつもお世話になっております。→[いつ]、お手数をおかけしますがよろしくお願いします。→[おて]という具合です。お疲れ様です。→[おつ

 

記号を登録する

結構、重宝するのが、この記号を登録することです。先ほどは括弧の例を紹介しましたが、この記号を登録するのもおすすめです。

単語 よみ
m;
s;
s;

 

思い出せないなら登録しなおす

単語登録するのは、スピーディに入力するためです。思い出すのに時間がかかってしまっては元も子もありません。[よみ]が思い出せないなら、[別のよみ]にしてみるのも1つの手です。

 

その他のおすすめ記事→【18選】Excel(エクセル)厳選ショートカット・印刷用PDF付き

■参考文献

-Windowsほか
-, ,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5