Excel

文字列を結合する&(アンパサンド)とExcel関数をわかりやすく解説

エクセル(Excel)で扱うことができるデータは、数値データ、文字列データ、数式(関数)3つです。この中で、最も扱いにくいのは文字列データ(以下、「文字列」とします)です。(数式の中で)文字列をいかにうまく扱うか、これはエクセル操作のキモといえます。そこで、このページでは、エクセル(Excel)で文字列を結合する方法を詳しく解説します。

 

結合は &(アンド・アンパサンド)を使うのが楽

エクセル(Excel)で、性と名が別々のセルに入っているときなどに、文字列と文字列を結合して、ひと続きにしたいときは、アンドアンパサンドと呼ばれる[&]を使うのがおすすめです。

 

使い方は、たし算の[+]やかけ算の[*]を使う時と同じ要領です。[数式数式]とすればOKです。

アンパサンド

 

 

文字列は ””(ダブルクォーテーション)で囲む

エクセル(Excel)では、数式の中で文字列を扱うときは””(ダブルクォーテーション)で囲むというルールがあります。

 

これはとても大事なルールなので、必ず覚えてください。では、先ほどの宛名に[様]をつけてみましょう。

 

以下のように、[数式数式&"様"]とします。

様を追加

 

また、[氏]と[名]の間に[空白]を入れたいときは、次のように[B3]と[&]の間[&" "]を追加してください。[=数式&" "数式&"様"]という形です。

 

なお、[名]と[様]の間に[空白]を入れたい場合は、["様"][" 様"]とすればOKです。

空白を追加

 

 

表示形式で[様]をつける方法

今回のテーマの文字列結合から少し離れますが、便利なので知っておいてください。

 

それは、数式を使わずに、表示形式で[様]をつける方法です。まずは、[様]をつけたい範囲を選択します。

様をつけたい範囲を選択

 

次に、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示するために、[Ctrl]+[1]を押します。

 

[表示形式]タブで、[分類]を[ユーザー定義]にして、[種類バー]に入っている[G/標準]を[@" 様"]にしてください。

セルの書式設定の種類バーを変更する

▼  ▼  ▼

セルの書式設定の種類バーに@" 様"と入力

最後に、[セルの書式設定]ダイアログボックスの下部にある[OK]を押せば完成です。

▼  ▼  ▼

様をつけることができました

 

[@]は、セルに入力されている文字列という意味で、ここでは、鈴木直道(さん)や三村申吾(さん)を示しています。つまり、[@" 様"][文字列]に[ 様]をつけるという意味になります。

 

 

CONCATENATE関数を使う方法

私は、(アンパサンド)を知るまでは、文字列を結合するときには、CONCATENATE関数を使っていました。

 

関数の引数ダイアログボックスに、数式を指定していくだけなので、[&]を入力しなくて済むというメリットがあります。

 

とはいえ、(アンパサンド)を使うのがおすすめです。

 

CONCATENATE関数を使うには、[数式]タブの[関数ライブラリ]グループにある[関数の挿入]をクリックするか、関数の挿入のショートカットキー[Shift]+[F3]で、[関数の挿入]ダイアログボックスを表示します。

 

表示の中から、CONCATENATE関数を選択して、文字列1欄に B3 文字列2に C3 マウスでセルをクリックするなどして入力してください。

CONCATENATE関数の関数の引数ダイアログボックス

 

なお、文字列3[" 様"]と入力すると[ 様]をつけることができます。

CONCATENATE関数の関数の引数の文字列3に" 様"

 

 

範囲指定できるCONCAT関数が登場

Excel2019で、CONCAT関数が登場しました。この関数の最大の特徴は、範囲が指定できることです。

 

つまり、セルを1つずつ指定しなくて済みます。といった2つや、のような3つくらいなら、[&]を使った方が効率的ですが、多くのセルを扱う場合には、CONCAT関数使うようにしてください

 

また、Excel2016以降のバージョンを使用されているなら、CONCATENATE関数より、CONCAT関数を使ってください。

CONCAT関数で文字列結合

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5