Excel

IF関数の基本的な使い方、不等号や等号を使った表現をわかりやすく解説

 

Excel(エクセル)関数の1つ、IF(イフ)関数は、[この条件に合っていたら、これを表示し、(条件に合っていなければ)これ以外のことを表示する]と、条件に合っているかどうかで、表示を変えることができる関数です。

 

[=if( 論理式 , 真の場合 , 偽の場合 )]という書式で表されます。

 

この条件に合っていたらの部分が論理式これを表示の部分が真の場合(条件に合っていなければ)これ以外のことを表示するの部分が偽の場合です。

 

この記事では、IF関数の基本的な使い方を説明します。

 

IF関数の基本的な使い方

IF関数を入力

以下のような表のC列(C2セル~C7セル)に、B列の値が80より大きいならば[○]を、そうでなければ[×]を入力するとします。

 

C列にIF関数を入力します。C2セルに[=if]と入力します。

C2セルに[=if]と入力する

 

=if]と入力したところの少し下に、関数の候補が表示されます。

IF]を選んで、[Tab]キーを押します。

IF関数を[Tab]で選択

 

C2セルに、[=IF(]と入力されます。

C2セルに[=if(]と入力される

 

80より大きいならばを、そうでなければ×としたいので、

=IF(B2>80,"○","×")]と入力します。

テクニック
○や×は文字
なので、[""ダブルクォーテーション(ダブルクォート)で囲むのを忘れずに。

C2セルにIF関数を入力する

 

確定は[Ctrl]+[Enter]と押す

入力し終わったら安心して、[Enter]と押したくなるところですが、[Ctrl]+[Enter]と押してください。

[Enter]と押すと、アクティブセルがC3セルになってしまいますが、[Ctrl]+[Enter]と押すと、C2セルのままになります。

C2セルが選択されたまま

 

文字に色を付けたり、文字サイズを大きくしたり、太文字にしたりする際、C2セルに戻さずに済みます。

テクニック
[Ctrl]+[Enter]は、ほかにも便利な機能を備えており、Excel(エクセル)の作業効率アップには必須のショートカットキーですので、ぜひ使えるようになってください。このサイトでは、様々な記事で紹介していきます。

 

フィルハンドルで数式を複写

C2セルに入力したIF関数を、C7セルまでコピーします。コピーの仕方は複数ありますが、ここではフィルハンドルを使う方法を紹介します。

 

C2セルの右下付近にカーソルを近づけると、カーソルの形が下図のような[]に変化します。変化したら、ダブルクリックします。

フィルハンドルになったらダブルクリック

 

これで、C7セルまでIF関数がコピーされます。

IF関数がC7セルまでコピーされる




 

不等号や等号を使った表現

不等号や等号を使った、以上以下未満等しくないといった表現をまとめました。

> C2>80 C2セルの値が80より大きい
>= C2>=80 C2セルの値が80以上
< C2<80 C2セルの値が80より小さい(未満)
<= C2<=80 C2セルの値が80以下
= C2=80 C2セルの値が80と等しい(同じ)
<> C2<>80 C2セルの値が80と等しくない

 

条件を変更してみる

条件を変更する

80より大きいならば○を→70以上ならば○に、(そうでなければ×)に変更してみましょう。

C2セルの数式を、[=IF(B2>=70,"○","×")]とすればOKです。

 

C2セルを編集する

今、C2セル~C7セルが選択されている状態です。この状態のときに、C2セルを編集するには、ファンクションキーの[F2]を押します。

IF関数がC7セルまでコピーされる

 

このような編集状態の表示になります。

[F2]を押して編集状態にする

 

矢印キーを操作して、C2セルの数式を、[=IF(B2>=70,"○","×")]に変更します。

C2セルにIF関数を入力する

 

[Ctrl]+[Enter]で一気にコピーする

さきほどと同じように、[Ctrl]+[Enter]で確定します。

さきほどとの違いは、今度は、C2セル~C7セルを選択している状態だということです。

 

この状態で、[Ctrl]+[Enter]と押すと、選択しているC2セル~C7セルの全てに一気に数式が入力されます。

[Ctrl]+[Enter]でC7セルまで数式が入力される

 

このように選択範囲に一気に入力できるのが、[Ctrl]+[Enter]の2つ目の機能です。

コピーではなく、入力なので、罫線などがコピーされて表の見た目が崩れたりすることがないのが、大変便利なところです。

形式を選択して貼り付けの数式コピーに近い感じです。

 

関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5