Excel

文字数とバイト数の違いを理解!濁点のバイト数、文字の長さに関する関数も紹介

 

文字の長さに関する関数

 

文字数とバイト数

Excel(エクセル)には、文字列の長さを表す単位として、文字数バイト数の2種類があります。

文字数が単位の場合、文字が全角であるか半角であるかに関わらず、文字の個数を文字数とします。

例えば、全角文字の「ワイン」と半角文字の「ワイン」の文字数は、いずれも3です。

 

一方、バイト数が単位の場合、半角文字を1全角文字を2と数えます。

例えば、全角文字の「ワイン」は6、半角文字の「ワイン」は3になります。

 

濁点の文字数とバイト数

「ガ」や「ザ」などの半角カタカナの濁音や、「パ」や「ピ」などの半角カタカナの半濁音は、濁点、半濁点が別の文字扱いになるので、文字数もバイト数も2になります。

 

 

文字の長さに関する関数

Excel(エクセル)の文字列操作関数のうち、文字の長さに関するものは、文字列の長さの単位、文字数バイト数に対応した2種類の関数が用意されています。

 

文字数 バイト数 関数の説明
FIND FINDB 特定の文字列を検索する
LEFT LEFTB 文字の先頭 (左端) から指定した文字数を取り出す
LEN LENB 文字の長さを求める
MID MIDB 任意の位置から指定した文字数を取り出す
REPLACE REPLACEB 文字列を置換する
RIGHT RIGHTB 文字の末尾(右端)から指定した文字数を取り出す
SEARCH SEARCHB 文字列を検索する

 

おすすめ・関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5