Excel

検索や置換、Excel関数に使えるワイルドカード文字を理解しておく

 

ワイルドカード文字と意味の表

 

Excel(エクセル)では、ワイルドカード文字を使って、「○○」を含むかどうか、というあいまいな条件で文字列を調べたり、関数に組み込んだりすることができます。

この記事では、ワイルドカード文字の種類と意味を、事例を交えて紹介します。

テクニックワイルドカードを使って「~を含む」と検索するテクニック

テクニックワイルドカードを使って「~が付く」を検索する

 

 

ワイルドカード文字とは

Excel(エクセル)では、「○○」を含むかどうか、というあいまいな条件で文字列を調べたり関数に組み込んだりすることができます。

このようなときは、ワイルドカード文字(「ワイルドカード」ということもあります)を使用します。

 

ワイルドカード(文字)には、[*](アスタリスク)[?](クエスチョン)[~](チルダ)があり、以下のような意味を持っています。

ワイルドカード(文字) 意味など
*(アスタリスク) 0文字以上の任意の文字列を表します。
?(クエスチョン) 任意の1文字を表します。任意の2文字を表したいときは、??とします。
~(チルダ) 上2つのワイルドカード機能を打ち消します。

 

テクニック検索や置換、COUNTIFやSUMIFなどのExcel関数に使えるワイルドカードの使い方

 

 

ワイルドカード文字の使用例

ワイルドカード文字の使い方をまとめると、以下のようになります。

テクニックワイルドカードを使った置換・削除のテクニック

ワイルドカード 意味 使用例 対象となる文字列
*


任意の文字列


山* 山形、山形県、山梨、山梨県
*山 富士山、吉野山、筑波山
*山* 富山県、山梨県、和歌山
? 任意の1文字 山? 山形、山梨
?? 任意の2文字 山?? 山形県、山梨県
~ 続くワイルドカードを文字として扱う ~*山* *山陰地方

 

~(チルダ)をキーボードで入力する方法

日本語入力オフのとき [Shift]キーを押しながら、ひらがなの[へ]のキーを押す
日本語入力オンのとき [Shift]キーを押しながら、ひらがなの[へ]のキーを押し、続けて[F8]キーを押す

 

テクニック[*](アスタリスク)を検索する

テクニック[?](クエスチョン)を検索する

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5