Excel

Excel関数で簡易な横棒グラフを作成する|REPT(リピート)関数

 

Excel(エクセル)のグラフ機能を使わずに、Excel関数を使って、次のような簡易な横棒グラフをつくるテクニックを紹介します。

簡易な横棒グラフの例

 

記事人気投票の簡易グラフを作成する!REPT関数の基本的な使い方

記事Excel関数で評価「5」や「3」などを星印★で表示する

 

REPT関数を使って作成する

REPT(リピート)関数は、文字列を指定した回数だけ繰り返して表示する関数です。

[=REPT( 文字列 , 繰り返し回数 )]という書式で表します。

 

文字列
繰り返したい文字列を指定します。

|などを使うことが多い気がしますが、特に決まりはありません。

ただし、文字列""(ダブルクォーテーション)で囲むことをお忘れなく!

 

繰り返し回数
0 〜 32767
までの数値を指定します。

 

リピート 書式
REPT関数 文字列,繰り返し回数 

2021春アニメ(今期4月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!

『進撃の巨人』ついに最終回! これまでのあらすじを簡単にまとめてご紹介! 怒涛のラストを見逃すな!【最終回直前までのネタバレあり】

 

横棒グラフの表示欄をつくる

まずは、横棒グラフを表示する欄をつくります。

表示に使えるセルの数(列の数)などに合わせてつくってください。

 

例として、ここでは、3列使います。イメージは、次の図のとおりです。

横棒グラフの欄をつくる

 

数値に応じて最大値を決める

ここでは、売上を横棒グラフにするので、売り上げの大きさ(数値)最大値を決めます。

本店の1,339に着目し、最大値を1,500としました。

 

 

目安となる目盛りを決める

最大値が1,500で、3列使っているので、1目盛りを1,500÷3 の500とします。

これらを、表頭のC2セル、C3セル、C4セルに入力します。そして、右寄せにします。

表頭の作成

 

これで、表頭ができました。

 

REPT関数を入力する

次に、指定した数だけ同じ文字を繰り返して表示する関数、REPT(リピート)関数を入力します。

 

繰り返す文字を、ここでは、"|"とします。

|は、Shiftを押しながら¥のあるキーを押してください(キーボードにより異なります)。

 

C3セル~C6セルを選択します。

そして、C3セルに、=reと入力します。

すると、REPTという表示が現れるので、選択し、Tabキーを押します。

REPT関数を選択

 

 

=REPT( に続けて入力

C3セルに、=REPT(と入力されるので、続けて、"|",と入力し、B3セルをクリックします。

次の式ができます。

REPT関数の引数を入力

 

CtrlEnterと押し、式を確定します(Ctrlキーを押しながら、Enterキーを押す)。

 

表示を調整する

Ctrlキーを押しながら確定しているので)C3セルだけでなく、(選択範囲の)C6セルまで一気に関数が入力されます。

 

ところが、今は、|が売上の数だけ入力されている状態です。

このままでは、何が何だかわからないので、表示を調整します。

修正する必要がある

 

 

セルを編集モードにするショートカットキーF2キーを、一度押します。

C3セルが編集モードになります。

C3セルが編集モードに

 

 

ここでは、B330割り=REPT("|",B3/30)とします。

※フォントの大きさ、セルの列幅で異なりますので適宜、調整してください。

C3セルを修正する

 

 

もう一度、CtrlEnterと押す(Ctrlキーを押しながら、Enterキーを押す)と、今度はうまくいきます。

今度はうまくいきました

 

Excel関数で簡易な横棒グラフを作成できました。

記事人気投票の簡易グラフを作成する!REPT関数の基本的な使い方

記事Excel関数で評価「5」や「3」などを星印★で表示する

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5