Excel

Excelオブジェクト(図形)のコピーには[Shift]キーと[Ctrl]キーが便利

Excelオブジェクト(図形)のコピー(複製)には[Shift]と[Ctrl]を使う

コピーには[Ctrl]キー+[ドラッグ]がおすすめ

Excel(エクセル)オブジェクト(図形)のコピー(複製)には、コピーしたいオブジェクトを[Ctrl]キーを押しながら選んで、[ドラッグ]します。

Ctrlキーを押しながらドラッグ

 

[Ctrl]キーを押しながら、複数のオブジェクト(図形)をクリックすると、複数のオブジェクト(図形)が選択できます。

Ctrlキーを押しながらクリック

 

そのままドラッグすれば、選択しているオブジェクトをコピー(複製)できます。

Ctrlキーを押しながらドラッグ

 

高さがきっちり揃う[Shift]+[Ctrl]の便利さを知っておこう

Excel(エクセル)オブジェクト(図形)を[Ctrl]キー+[ドラッグ]でコピー(複製)する際に、[Ctrl]キーと一緒に[Shift]キーを押すと、高さや縦位置を揃えてコピーできます。

 

オブジェクトを[Shift]キーと[Ctrl]キーを押しながら右にドラッグすると、高さが揃った状態でコピーできます。

Shift+Ctrlキーを押しながらドラッグ

 

オブジェクトを[Shift]キーと[Ctrl]キーを押しながら下にドラッグすると、真下に(縦位置が揃った状態で)コピーできます。

Shift+Ctrlキーを押しながらドラッグ2

 

オブジェクト(図形)を扱う機会が多い人には、特に知っておいてほしい、そして使ってほしいテクニックです。

スケジュール表などを作成するとき、矢印(→・↓)を作図することがありますが、このときにもぜひ活用してください。 Shift+Ctrlキーを押しながらドラッグ

 

※このテクニックはPowerPoint(パワーポイント)やWord(ワード)でも使えます。

 

セルに合わせて描画したいなら[Alt]キーを押す

[Alt]キーを押しながら作図すると、Excel(エクセル)のセルの端にきっちりと揃えて描くことができます。コピーしたオブジェクト(図形)を簡単に並べたいときに便利なテクニックです。

詳しくは、Excel(エクセル)の作図に便利な Shift・Ctrl・Alt を積極的に使おう!の記事で説明しています。

 

PowerPointやWordでも使えるショートカットキー[Ctrl]+[D]

Excel(エクセル)オブジェクト(図形)をコピーするテクニックには、[Ctrl]キーを押す方法以外に、オブジェクト(図形)を選択して、ショートカットキー[Ctrl]+[D]と押す方法もあります。

 

使い方は、オブジェクト(図形)を選択して

オブジェクトを選択

 

[Ctrl]+[D]と押します。すると、オブジェクトがコピーされます。

Ctrl+Dでオブジェクトがコピーされました

 

このショートカットキーは、PowerPoint(パワーポイント)やWord(ワード)にも共通するものなので、覚えておいて損はありません。

 

ショートカットキー[Ctrl]+[D]を、Excel(エクセル)で使用するときの注意点としては、必ずオブジェクト(図形)を選択してから押してください。

 

オブジェクト(図形)を選択せずにセルが選択されている状態で)[Ctrl]+[D]と押すと、選択しているセルの上のセルがコピー&ペーストされます。

これは、[Ctrl]+[D]が、上のセルをコピーする(下方向へのコピーする)ショートカットキーでもあるからです。

 

どちらのショートカットキーが発動するかは、オブジェクト(図形)が選択されているかどうかで決まります。

関連記事

参考文献

Excel(エクセル)を学ぶのにおすすめの書籍

-Excel

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5