Excel

Excelで半角の英数カナ文字を全角文字に変換するにはJIS関数が便利!

 

複数のファイルのデータをコピペしたら、全角と半角の数字が混在した住所の表ができてしまった。
これをすべて全角の数字に統一したい。
そんなときはJIS関数を使おう!半角の数字が全角の数字に変換され、全角の数字に統一された表にすることができる。

 

JIS関数を使うと、¥や()、-などの全角文字のある記号も、全角文字に変換されます。

全角文字しか存在しない漢字ひらがな記号は、そのまま返されます。

この記事で紹介する関数(JIS)この記事で紹介する関数

 

この記事では、JIS関数の基本的な使い方とVLOOKUP関数を組み合わせて使うテクニックを紹介します。

 

なお、全角のアルファベット数字カタカナ半角文字に変換するには、ASC関数を使います。
ASC関数とVLOOKUP関数を組み合わせて使うテクニックも紹介します。

 

 

JIS(ジス)関数の書式

JIS(ジス)関数は、半角のアルファベット、数字、カタカナ全角文字に変換する関数です。

[=JIS( 文字列 )]という書式で表します。

 

 

JIS関数を使って全角文字に変換・統一する

複数のExcelブックのデータをコピペして住所録を作ったら、全角と半角が混在した電話番号住所郵便番号になってしまった。

これを全角文字(数字や記号)に統一したい!こんなときにはJIS関数を使うと簡単にできます。

 

今、A3セル~A8セルに、全角と半角の数字・記号が混在した電話番号や住所、郵便番号が入っています。

これらをJIS関数を使って、全角の数字と記号に変換・統一します。

A3セルにJIS関数

 

 

JIS関数を入力する

B2セル~B7セルに、JIS関数を入力します。まず、B2セル~B6セルを選択します。

 

そして、B2セル=jiと入力します。

すると、JISという表示が現れるので、Tabキーを押します。

B2セルに=jiと入力

 

 

=JIS( に続けて入力

Tabキーを押すと、B2セルに、=JIS(と入力されます。

B2セルに=JIS(と入力される

 

 

A2セルをクリックし、

A2セルをクリック

 

 

CtrlEnterと押し、式を確定します。

すると、選択していたB2セル~B7セルJIS関数が入力され、数字と記号が全角に変換・統一されます。

選択していたセルにJIS関数が入力される

 

次ページ > JIS関数ASC関数VLOOKUP関数組み合わせるテクニック

次のページへ >

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5