Excel

Excelで全角の英数カナ文字を半角文字に変換するにはASC関数が便利!

 

Excelで全角のアルファベット数字カタカナ半角文字に変換するには、ASC関数を使います。

 

¥や()、-などの半角文字のある記号も、半角文字に変換されます。

ただし、半角文字が存在しない漢字や全角のひらがな、記号は半角文字にすることはできずに、そのまま返されます。

ASC関数のイメージ

 

この記事では、ASC関数の基本的な使い方PROPER関数LOWER関数UPPER関数と組み合わせて使うテクニックを紹介します。

 

 

ASC(アスキー)関数の書式

ASC(アスキー)関数は、全角のアルファベット数字カタカナ半角文字に変換する関数です。

[=ASC( 文字列 )]という書式で表します。

 

アスキー 書式
ASC関数 文字列 

 

 

ASC関数を使って半角文字に変換・統一する

全角・半角が混在した電話番号住所郵便番号の表ができてしまった。

これを半角文字(数字)に統一したい!

こんなときはASC関数が便利です。

全角と半角が混在

 

 

今、A2セル~A6セルに、全角数字と半角数字が混在したデータが入っています。

これらをASC関数を使い、半角の数字に変換・統一します。

 

ASC関数を入力する

今、B2セル~B6セルに、ASC関数を入力します。

 

B2セル~B6セルを選択します。

そして、B2セル=asと入力します。

すると、ASCという表示が現れるので、ASCを選択し、Tabキーを押します。

B2セルに=asと入力

 

 

=ASC( に続けて入力

B2セルに、=ASC(と入力されます。

B2セルに=ASC(と入力される

 

 

A2セルをクリックし、

A2セルをクリック

 

 

CtrlEnterと押し、式を確定します。

すると、選択していたB2セル~B6セルASC関数が入力され、半角の数字に変換・統一されます。

選択していたB2セル~B6セルにASC関数が入力される

 

 

PROPER関数と組み合わせる

次は、ASC関数とPROPER関数を組み合わせて使うテクニックを紹介します。

 

PROPER(プロパー)関数の書式

PROPER(プロパー)関数は、アルファベット先頭を大文字2文字目以降を小文字に変換する関数です。

全角文字、半角文字はそのまま返します。

[=PROPER( 文字列 )]という書式で表します。

 

PROPER関数を適用

今、A3セル~A5セルに全角文字と半角文字が混在した大文字のアルファベットが入っています。

これにPROPER関数を適用したのが、B3セル~B5セルです。

 

アルファベット先頭が大文字2文字目以降が小文字に変換されたことと、全角文字半角文字はそのまま返されたことが確認できます。

[=PROPER(A3)]

 

 

ASC関数とPROPER関数を組み合わせて半角文字に

PROPER関数を適用したB3セル~B5セルは、全角文字と半角文字が混在しています。

これに、ASC関数を使って半角文字に変換・統一します。

 

B3セル~B5セルを選択します。

B3セル~B5セルを選択

 

 

F2(ファンクションキー)を押し、セルを編集モードにします。

セルを編集モードにする

 

 

B3セルの式 =PROPER(A3) の=とPの間asと入力します。

 

すると、ASCという表示が現れるので、ASCを選択し、Tabキーを押します。

=とPの間にasと入力

 

 

B3セルが、=ASC(PROPER(A3)となるので、)を最後に加えて、=ASC(PROPER(A3))という式にしたら、

 

CtrlEnterと押し、式を確定します。

すると、選択していたB3セル~B5セルが、半角の数字に変換・統一されます。

=ASC(PROPER(A3))

 

 

LOWER関数と組み合わせる

今度は、ASC関数とLOWER関数を組み合わせて使うテクニックを紹介します。

 

LOWER(ロウアー)関数の書式

LOWER(ロウアー)関数は、アルファベットすべて小文字に変換する関数です。

全角文字、半角文字はそのまま返します。

[=LOWER( 文字列 )]という書式で表します。

 

LOWER関数を適用

今、A3セル~A5セルに全角文字と半角文字が混在した大文字のアルファベットが入っています。

これにLOWER関数を適用したのが、B3セル~B5セルです。

 

アルファベットすべて小文字に変換されたことと、全角文字半角文字はそのまま返されたことが確認できます。

LOWER(A3)

 

ASC関数とLOWER関数を組み合わせて半角文字に

PROPER関数にASC関数を適用したのと同じ要領で、LOWER関数をASC関数で囲む(入れ子にする)と半角文字に変換・統一にできます。

ASC(LOWER(A3))

 

 

UPPER関数と組み合わせる

最後は、ASC関数とUPPER関数を組み合わせて使うテクニックを紹介します。

 

UPPER(アッパー)関数の書式

UPPER(アッパー)関数は、アルファベットすべて大文字に変換する関数です。

全角文字、半角文字はそのまま返します。

[=UPPER( 文字列 )]という書式で表します。

 

UPPER関数を適用

今、A3セル~A5セルに全角文字と半角文字が混在した小文字のアルファベットが入っています。

これにUPPER関数を適用したのが、B3セル~B5セルです。

 

アルファベットすべて大文字に変換されたことと、全角文字半角文字はそのまま返されたことが確認できます。

UPPER(A3)

 

ASC関数とUPPER関数を組み合わせて半角文字に

PROPER関数やLOWER関数にASC関数を適用したのと同じ要領で、UPPER関数をASC関数で囲む(入れ子にする)と半角文字に変換・統一にできます。

ASC(UPPER(A3))

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5