Excel

土曜・日曜と祝日を除いた営業日の表、金曜の次に月曜を表示する方法~WORKDAY関数

 

土曜日・日曜日と祝日を除く営業日だけの表を作るときや、金曜日の次のセルに月曜日を表示するときには、ある日付から、土曜、日曜、祝日を除く指定した日数が経過した日を求めるWORKDAY関数を使います。

WORKDAY関数この記事で紹介する関数

 

この記事では、まず、金曜日の次のセルに月曜日を表示する方法を紹介し、次に、土曜日・日曜日と祝日を除く営業日だけを表示する方法を紹介します。

 

 

WORKDAY(ワークデイ)関数の書式

WORKDAY(ワークデイ)関数は、ある日付から、土曜、日曜、祝日を除く指定した日数が経過した日を求める関数です。

[=WORKDAY( 開始日,日数,[祝日] )]という書式で表します。

 

 

金曜日の次のセルに月曜日を表示する

Excelで表を作るとき、金曜日の次のセル月曜日にしたいと思うことはありませんか。
例えば、以下のような表です。

このような表は、WORKDAY関数を用いると実に簡単に作ることができます。

金曜の次のセルに月曜を表示

 

開始日(基準となる日付)を入力する

まずは、開始日(基準となる日付)を入力します。

ここでは、A3セルに11/1と入力し、確定します。

A3セルに11月1日と入力

 

WORKDAY関数を入力する

次に、A4セル以下のセルに、WORKDAY関数を入力します。

ここでは、A4セル~A11セルにWORKDAY関数を入力するので、A4セル~A11セルを選択します。

 

A4セルに、=WORKDAY(A3,1)と入力し、

A4セルに=WORKDAY(A3,1)と入力

 

[Ctrl]+[Enter]と押します([Ctrl]キーを押しながら[Enter]を押す)。

すると、選択していたA4セル~A11セルにWORKDAY関数が入力されます。

 

11/5(金曜日)が入力されたA7セルの次のセル、A8セルには、11/8(月曜日)が入力されています。

A4~A11にWORKDAY関数

 

=WORKDAY(A3,1)は、A3セル(2021/11/1)から1日が経過した平日、つまり、A3セルの翌営業日という意味です。

2021/11/1は月曜日なので、11/2(火曜日)が返されます。

 

なお、11/1(月)という日付と曜日を同時に表示する方法を知りたいという方は、日付の表示形式を【表】にしました!【設定方法】が一目でわかるPDF付きの記事で詳しく説明していますので、ご覧ください。

 

次ページ> 祝日(11/3 文化の日)を除きたい

次のページへ >

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5