Excel

【001】や【0001】のように数字の前に【0】を表示する3つの方法。ゼロパディング・ゼロ埋めのしかた

 

01]や[001]、[0001]のように、数字の桁数を揃えるために0を追加することを[ゼロパディング]や[ゼロ埋め]などといいます。

ゼロパンディング

 

この記事では、Excelで、このような0から始まる値の入力方法、ゼロパディングする方法を、3つ紹介します。

  1. 先頭に'(シングルクォーテーション)を入力する
  2. セルの表示形式を文字列にして入力する
  3. セルの表示形式をユーザー定義にする

※REPT関数とLEN関数を組み合わせる方法やTEXT関数を使う方法については、おって執筆します。しばしお待ちください。

 

 

先頭に '(シングルクォーテーション)を入力する

先頭に'(シングルクォーテーション)を追加して入力することで、文字列として扱われるようになります。

 

文字列として扱われることで、0100010001といった、0から始まる値が入力できるようになります。

先頭にシングルクォーテーション

 

 

何個も入力しなければならないときや計算の対象にしたいときにはおすすめしませんが、1つか、2つのセルだけに入力する場合なら、お手軽なのでいいと思います。

シングルクォーテーションでゼロパンディング

 

 

セルの表示形式を文字列にして入力する

これから、0100010001といった、0から始まる値を入力するときには、セルの表示形式文字列にしておくのが簡単です。

 

0から始まる値を入力する範囲を選択し、ホームタブの数値グループにある数値の書式ボックスから文字列を選択します。

表示形式を文字列に

 

 

文字列にした範囲には、0100010001といった値が入力できるようになります。

ゼロパンディング

 

 

セルの表示形式をユーザー定義にする

既に入力している・入力されている数値を、0100010001といった、0から始まる値にするときは、セルの表示形式ユーザー定義変更します。

 

 

0から始まる値にする範囲を選択する

0から始まる値にする範囲を選択します。ここでは、A2セル~A8セルを選択します。

A2セル~A8セルを選択

 

セルの書式設定ダイアログを開く

[Ctrl]+[1]と押し、セルの書式設定ダイアログを開きます。

 

表示形式タブの分類からユーザー定義を選択します。

ユーザー定義

 

 

種類ボックスを000に変更し、OKをクリックします。

種類000

 

 

すると、選択していたA2セル~A8セルの値が、0から始まる3桁の値に変わります。

A2セル~A8セルが3桁に

 

 

種類ボックスを0000に変更すると、0から始まる4桁の値に変わります。

A2セル~A8セルが4桁に

 

 

C2セル~C8セルも同様にして、種類ボックスを000に変更すると、0から始まる3桁の値に変わります。

C2セル~C8セルが3桁に

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5