Excel

Excelの条件付き書式で設定した色を編集・変更するテクニック

 

特定の文字が入っているセルや行に条件付き書式を使って付けた色を編集・変更する方法を紹介します。

条件付き書式の場所

 

完成イメージ

上段が現在の状態とします。これを下段のように変更するとします。

変更前

現在の状態

変更後

変更後

 

条件付き書式で設定した色を編集・変更する

変更する範囲を選択

条件付き書式で設定した色を編集・変更する範囲を選択します。

ここでは、D3セル~D8セルに設定されている条件付き書式を変更するので、D3セル~D8セルのいずれかのセルか、D3セル~D8セルを選択します。

下図では、D3セル~D8セルを選択しています。

知っておきたいテクニック→D3セルを選択して、[Shift]+[Ctrl]+[↓]と押すと、データが入っている一番下であるD8セルまで選択できます。

 

条件付き書式の選択

[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]をクリックします。

条件付き書式の場所

 

ルールの管理の選択

表示されるリストの中の[ルールの管理]をクリックします。

ルールの管理の選択

 

ルールの編集の選択

[条件付き書式ルールの管理]ダイアログが開くので、変更したい条件(ルール)を選択し、[ルールの編集]ボタンをクリックします。

ここでは、セルの値が[出席]のときの条件を選択しています。

ルールの編集

 

書式をクリック

[書式ルールの編集]ダイアログの右下にある[書式]をクリックします。

書式ルールの編集の書式をクリック

 

好きな色を選ぶ

[書式]ボタンをクリックすると、[セルの書式設定]ダイアログが開くので[塗りつぶし]タグの中から好きな色を選んでください。

※[その他の色]から自由に色を設定することもできます。色に迷ったら、こちらの記事を参考にしてください。

セルの書式設定→塗りつぶし

 

セルの値が[出席]のセルの色が変化

D3セル~D8セルの中で、[出席]という文字列が含まれているセルの色が変わります。

出席のセルの色が変化

 

以降は繰り返し

同様の手順で、[欠席]と[未回答]の色を変更すると完成です。

変更後

 

関連記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5