Word

時短につながるWordの画面に表示しておくべきモノ。全部紹介します!

ワード(Word)の画面に表示しておくべきもの

編集記号

全角スペースを示す[ ]、半角スペースを示す[ ]、タブを示す[ ]などは編集記号と呼ばれるものです(印刷されません)。

 

編集記号の表示がオフのままだと、「空間が[スペース]によるものなのか、[タブ]によるものなのか」を一目で把握することができません。

編集記号

 

自分で作った文章なら把握できるかもしれませんが、他人が作った文章を再利用する際には、スムーズに編集できなかったり、目的の状態にするのに手間取ったりして、時間を浪費してしまいかねません。

 

 

[ホーム]タブに[編集記号の表示/非表示]というボタンがあり、ワンクリックで操作できますので、オンにしておくことをおすすめします。

編集記号の表示/非表示

 

ルーラー

段落の始まり[左インデント]なのか[スペース]なのかを判断することや、[字下げ][ぶら下げ]が設定してあるのかを判断することにも役立ちますが、なんといっても、[左揃えタブ][右揃えタブ]ワンクリックで入れたり、位置を調整したりするのに役立ちます。

ルーラー

ルーラー

 

知っておくと便利なテクニック!

名前を付けて保存のショートカットキー[F12]

上書き保存のショートカット[Ctrl]+[S]キーは、使っている人をよく見かけますが、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開くショートカットキー[F12](ファンクションキー)はあまり見かけません。

 

 

しかし、新規に文書を保存する際や、バックアップを保存しておきたいという際には、簡単に[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示できる[F12]はおすすめです。

 

繰り返しのショートカットキー[F4]

ワード(Word)、エクセル(Excel)、パワーポイント(PowerPoint)の作業する際に、直前にした操作と同じ操作を繰り返すことは多いと思います(例えば、フォントに色をつける、太文字にする、字下げを設定するなど)。

[F4]についての詳しい説明は、【7選】Excel、Word、PowerPointで大事なショートカットキーの記事をご覧ください。

 

デスクトップ画面を一瞬で表示できる[Windows]+[D]

ワード、メール、ウェブブラウザ、複数のフォルダなど・・・多くのウインドウを表示させている際に、ウィンドウをすべて非表示にしてデスクトップを表示するには、[Windows]+[D]を押します。

 

ちなみに、もう一度[Windows]+[D]と押せば元の状態に戻せる優れものです。Desktopの[D]と考えれば覚えやすいのではないでしょうか。

 

段落番号、箇条書きのオート入力を解除する

ワード(Word)は、「私の思い通りに動いてくれなくてイライラする」、「勝手に○○する、いろいろしてくれなくていいのに」などと思ったことはありませんか。

 

この原因となるのが、多くの[オートフォーマット]、特に[入力オートフォーマット]ではないでしょうか。

 

その中でも、[段落番号][箇条書き][入力オートフォーマット]によるものが、私の周りでは「邪魔」という声をよく耳にします。

 

オート入力しないようにして、快適になったと実感していますので、[オート入力しない]ようにする方法を紹介します。

  • ファイル]タブ→[オプション]で、[Wordオプション]を表示します。
  • [文章校正]→[オートコレクトのオプション]をクリックします。

オートコレクトのオプション

  • [入力オートフォーマット]タブの中にある[入力中に自動で書式設定する項目][箇条書き(行頭文字)][箇条書き(段落番号)]のチェックをはずす

入力オートフォーマット

 

こちらの記事もおすすめです!

 

■参考文献

-Word
-, , ,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5