Excel

セル内を編集[F2](ファンクションキー)-Excelショートカットキー

 

Excel(エクセル)で、セル内のデータを編集するときに重宝するショートカットキーです。

セル内を編集する F2

excel-F2

 

 

キー操作

ファンクションキーのF2を押す。

 

機能

選択しているセルを編集モードにし、カーソルを入力されている文字・数値、数式の最後尾に配置します。

編集したいセルでF2と押す

カーソルが最後尾に

 

ベタ打ちの場合は、そのままの値が表示され、数式の場合は、入力されている数式と参照先のセルを示す枠が表示されます。

 

解説

Excel(エクセル)の操作では、入力済みのセルを編集し直すことがたびたびあります。

 

ですから、入力済みのセルを編集できる状態にする、このショートカットキーを知っておくことは、時間効率を高めるためにとても大切です。

 

セル内で編集できるようになるため、数式バーを広げる必要がなくなります。

数式バー

 




 

セルをマウスでダブルクリックするのとほぼ同じです。

ですが、マウスでダブルクリックした場合は、ダブルクリックした場所にカーソルが配置されますが、F2の場合は、必ず最後尾に配置されます。

 

マウス操作をしているときはダブルクリックキーボード操作をしているときはF2と、状況に応じて使い分け、素早く操作できるようになってください。

 

まなびっとポイント!

私は、入力した数式を他のセルにも入力するときに、このショートカットキーとCtrlEnterとを組み合わせて使うことが多いです。

 

メリットコピーではないので、罫線や塗りつぶしなどがコピーされません。

  • 数式を入力します
  • 数式を入力したセルと数式をコピーしたい範囲を選択します
  • 数式を入力したセルをF2で編集状態にし、CtrlEnterと押します
  • 同じ数式が入力されます

形式を選択して貼り付けで数式だけをコピーするのと同じですが、右クリックやAltCtrlVで、[形式を選択して貼り付け]ダイアログを表示し、[数式]を選択するより手間がかかりません。

 

おすすめ・関連記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5