Excel

同じブック内の違うシートを2画面に並べて作業する!切り替え便利技も

「第1四半期の売上を集計したいけど、1月、2月、3月と第1四半期のデータが同じブック(ファイル)に保存されているから、値を確認するたびにシートを切り替えなくてはならず面倒。」

シート名の拡大

というケースのように、参照する各月のデータと貼り付け先の四半期シートが同じブック(ファイル)の別々のシートに保存されている場合、値を確認するたびにシートを切り替えながら作業するのは面倒ですよね。

こんなときは、[新しいウインドウを開く]が便利です。

左右に並べたシート

この記事では、実務で遭遇する例で示したような場合に便利なワザを3つ紹介します。
【3つのワザ】を一連の流れとして使えるようになると、作業がラクになるのでおすすめです。

同じブック内の違うシートを2画面に並べる

[新しいウインドウを開く]

同じブック内の違うシートを並べるには、[表示]タブにある[新しいウィンドウを開く]をクリックします。

新しいウインドウを開く

クリックすると新しいウインドウを開き、タイトルバーのブック名(ファイル名)の表示が「ブック名 - 2」や「ブック名 : 2」のようになります。

これは「同じブックを2つ目のウィンドウで開いています」という意味です。

 

[整列]ボタンを押す

ウィンドウを開いた直後は、2つのウインドウが重なっていて画面が見づらいので、[表示]タブにある[整列]ボタンを押します。

[整列]ボタン

すると、以下の4つが出てきます。データの並び方にもよりますが、[左右に並べて表示]がおすすめです。

  • 並べて表示
  • 上下に並べて表示
  • 左右に並べて表示
  • 重ねて表示

これで、ブック内の異なるシートを並べることができました。

Windowsキーと[←]・[→]でもOK

Windows+左右キー

ウインドウを左右に並べるには、[ Windowsキー + ←・→ ]のショートカットを使ってもOKです。

Windowsキー + ← ]でアクティブウインドウが左半分になり、[ Windowsキー + → ]でアクティブウインドウが右半分になります。

 

[ Windowsキー + ←・→ ]のショートカットは、ExcelとWord、ExcelとPowerPointといった異なるアプリを並べることができます。

異なるアプリだけでなく、異なるフォルダ同時も左右に並べることができます。

とにかく、ウインドウを左右に並べたいときに重宝するショートカットです。

 

並べたシートをキーボードで切り替える

ここまでの操作で、同じブック内の違うシートが2画面になり左右に並びました。

この後は、左側に表示したシートと右側に表示したシートを切り替えながら作業を進めるわけですが、左側のシートと右側のシートを切り替えるのに便利なショートカットがありますので紹介します。

Ctrl+Tab

左側に表示したシートと右側に表示したシートを切り替える際は、[ Ctrl + Tab ]のショートカットを使います。

[ Ctrl ]を押しながら、[ Tab ]を押せば、[Tab]を押すたびに左右が切り替わります

左手の指を[ Ctrl ]と[ Tab ]に置いて、右手にマウスを持ってコピペする、といった感じになります。

 

まとめ

Excelでは、同じブック(ファイル)にある別のシートを参照しながら作業することはよくあります。

例で示した1月の売上シートを見ながら第1四半期の売上を集計する場合や氏名や住所、社員番号などが入力されたシートを見ながら出席者名簿を作る場合などです。

 

このようなときは、[表示]タブにある[新しいウィンドウを開く]で、分身をつくりましょう。

分身ができたら、[表示]タブにある[整列]ボタンを押すか、[ Windowsキー + ←・→ ]のショートカットで開いたウインドウを左右に並べます。

左側に表示したExcelと右側に表示したExcelを切り替える際は、[ Ctrl + Tab ]のショートカットを使いましょう。

この3つのワザを覚えて使えるようになると、作業がラクになりますよ。

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

関連記事

 

 

参考文献

-Excel
-

© 2022 まなびっと Powered by AFFINGER5