Excel

アクティブセルと異なる値のセルのみを選択[Shift+Ctrl+¥]

 

この記事では、特定のデータだけを残して、それ以外のデータをまとめて削除したり、一括で同じ内容に編集したりするテクニックを紹介します。

その中で、アクティブセルと異なる値のセルのみを選択するショートカットキー、[Shift + Ctrl + ¥]も紹介します。

 

[Shift + Ctrl + ¥]は、Excel(エクセル)での作業速度を飛躍的に高めてくれるショートカットキーの1つです。

知っている人と知らない人で差が出るショートカットキーですので、ぜひ覚えて、使えるようになりましょう。

アクティブセルと異なる値のセルのみを選択する ShiftCtrl¥

※アクティブセル=選択しているセル

[Ctrl+左Shift+¥]

 

アクティブセルと異なる値のセルのみを選択する

次のような表があったとします。
一番右の判定欄(C列)は、当面の間サービスを継続するもの、バージョンが古く廃止を予定しているものに分けられています。

表

 

この判定欄の情報をもとに、継続するサービス以外のデータを削除するには、フィルタを適用し、「廃止」だけを選択して削除する方法があります。

 

データが50~100個程度ならこのフィルタを適用する方法でもかまいません。
ですが、データの数が1,000個、2,000個、10,000個となると話は別です。

 

そこでここでは、大量データの処理にも適用できる、(指定のデータ以外の)データをまとめて選択して一気に削除したり共通の内容に編集したりするテクニックを紹介します。

 

 

必要なデータ以外のデータをまとめて削除する

一番右の判定欄(C列)で、「継続」の行だけにする方法を紹介します。

まず、データが入力されているC2セル~C8セルを選択します。

 

([Enter]キーを押して)以下のように[継続]のセルが選択されている状態(アクティブセル)にします。

[継続]のセルがアクティブセル

 

 

[ホーム]タブの編集グループにある[検索と選択]ボタンをクリックします。

そして、[条件を選択してジャンプ]をクリックします。

条件を選択してジャンプ

 

すると、[選択オプション]ダイアログが開きます。

その[選択オプション]ダイアログにある[アクティブ列との相違]を選択し、OKをクリックします。

アクティブ列との相違

 

 

すると、[継続]以外のセル(ここでは、[廃止]のセル)がすべて選択されている状態になります。

[廃止]が選択される

 

 

ここで、[削除]ダイアログを表示するショートカットキー[Ctrl]+[-](マイナス)と押します。

 

矢印キーで、表示された[削除]ダイアログにある[行全体]を選択し、 [Enter]キーを押します。

削除ダイアログ(行全体)

 

これで、[廃止]の行が削除され、[継続]のデータだけになります

[継続]のセルだけになった

 

 

ショートカットキー[Shift + Ctrl + ¥]が便利

アクティブセルと異なる値のセルのみを選択するには、
ショートカットキーShiftCtrl¥を使うと便利です。

 

データが入力されているC2セル~C8セルを選択します。

([Enter]キーを押して)以下のように[継続]のセルが選択されている状態(アクティブセル)にします。

[継続]のセルがアクティブセル

 

この状態で、
アクティブセルと異なる値のセルのみを選択するショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[¥]と押すと、
[継続]以外のセル(ここでは、[廃止]のセル)がすべて選択されている状態になります。

[廃止]が選択される

 

あとは上記と同様に、[Ctrl]+[-]を使って、削除すれば[継続]のデータだけにすることができます。

 

 

空欄行が混在している場合にまとめて削除する

今度は、一番右の判定欄(C列)が、「継続」と「廃止」だけでなく、「空欄」行が混在しているとき「継続」の行だけにする方法を紹介します。

さきほどと同じように、データの端から端まで(ここではC2セル~C8セル)を選択します。

 

([Enter]キーを押して)以下のように[継続]のセルが選択されている状態(アクティブセル)にします。

データの端から端までを選択(空欄行混在)

 

 

[ホーム]タブの編集グループにある[検索と選択]ボタンをクリックします。

そして、[条件を選択してジャンプ]をクリックします。

条件を選択してジャンプ

 

すると、[選択オプション]ダイアログが開きます。

その[選択オプション]ダイアログにある[アクティブ列との相違]を選択し、OKをクリックします。

アクティブ列との相違

 

 

すると、[継続]以外のセル(ここでは、[廃止]のセル「空欄」のセル)がすべて選択されている状態になります。

[廃止]と「空欄」が選択される

 

 

ここで、[削除]ダイアログを表示するショートカットキー[Ctrl]+[-](マイナス)と押します。

 

表示された[削除]ダイアログにある[行全体]を選択し、 [Enter]キーを押します。

削除ダイアログ(行全体)

 

すると、[廃止]の行と「空欄行」が削除され、[継続]のデータだけになります

[継続]のセルだけになった2

 

 

 

一括で同じ内容に編集する

今度は、一括で同じ内容に編集するテクニックを紹介します。

例として、以下のサンプルで「継続」と入力されている以外のセル
ここでは、「様子見」「廃止」と入力されている全てのセルを「終了」に変更します

 

データが入力されているC2セル~C8セルを選択します。

([Enter]キーを押して)以下のように[継続]のセルが選択されている状態(アクティブセル)にします。

データの端から端までを選択(一括変換)

 

この状態で、
アクティブセルと異なる値のセルのみを選択するショートカットキー[Shift]+[Ctrl]+[¥]と押します。

すると、[継続]以外のセル(ここでは、「様子見」と「廃止」のセル)がすべて選択されている状態になります。

「様子見」と「廃止」が選択される

 

この状態で、C4セルに「終了」と入力し、[Ctrl]+[Enter]と押します。

C4セルに「終了」と入力

 

すると、選択されている全てのセルに終了」と入力されます。

「終了」に統一された

 

 

まとめ

この記事で紹介した、[Shift]+[Ctrl]+[¥]と[Ctrl]+[-][Ctrl]+[Enter]との組み合わせは、ビジネスの現場で役に立つテクニックですので、ぜひ覚えて使えるようになってください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ・関連記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5