Excel

日付の表示形式を【表】にしました!【設定方法】が一目でわかるPDF付き|セルの書式設定

日付の種類から選ぶ[グレゴリオ暦]

R3.6.1となっているB2セル2021年6月1日と表示する方法を説明します。

 

セルの書式設定ダイアログを開く

表示形式を変更するB2セルを選択します。

 

そして、[Ctrl]+[1]Ctrlキーを押しながら数字の1を押す)と押します。

B2セルを選択し[Ctrl]+[1]

 

すると、セルの書式設定ダイアログが開きます。

 

POINT!
このセルの書式設定ダイアログを開くショートカットキー[Ctrl]+[1]は、使用頻度が高いのでぜひ覚えてください。

 

 

マウスで操作する場合は、ホームタブのフォントグループにあるフォントの設定ボタンをクリックします。

フォントの設定ボタン

 

 

種類ボックス内の 2012年3月14日 を選択

セルの書式設定ダイアログを開いたら、表示形式タブの分類から日付を選択します。

 

カレンダーの種類グレゴリオ暦にし、種類ボックス内にある2012年3月14日を選択します。

セルの書式設定(日付)

 

 

OKをクリックすると、B2セルの表示が2021年6月1日に変わります。

表示形式が変更されました

 

 

日付の種類から選ぶ[和暦]

今度は、R3.6.1となっているB2セル令和3年6月1日と表示する方法を説明します。

 

セルの書式設定ダイアログを開く

表示形式を変更するB2セルを選択し、[Ctrl]+[1]Ctrlキーを押しながら数字の1を押す)と押します。

すると、セルの書式設定ダイアログが開きます。

B2セルを選択し[Ctrl]+[1]

 

 

種類ボックス内の 平成24年3月14日 を選択

セルの書式設定ダイアログを開いたら、表示形式タブの分類から日付を選択します。

 

カレンダーの種類和暦にし、種類ボックス内にある平成24年3月14日を選択します。

セルの書式設定(和暦)

 

 

OKをクリックすると、B2セルの表示が令和3年6月1日に変わります。

表示形式が変更されました

 

 

表示形式をユーザー定義にする

最後は、表示形式ユーザー定義にする方法を紹介します。

例として、R3.6.1となっているB2セル6/1(火)と表示する方法を説明します。

 

セルの書式設定ダイアログを開く

表示形式を変更するB2セルを選択し、[Ctrl]+[1]と押します。

すると、セルの書式設定ダイアログが開きます。

B2セルを選択し[Ctrl]+[1]

 

種類ボックスに m/d(aaa)  と入力

セルの書式設定ダイアログを開いたら、表示形式タブの分類からユーザー定義を選択します。

 

種類ボックス内に入力されている文字を削除し、m/d(aaa)と入力します。

ユーザー定義m/d(aaa)

 

 

OKをクリックすると、B2セルの表示が6/1(火)に変わります。

表示形式が変更されました3

 

次のページ> 主な【日付】の表示形式一覧表(PDF)を入手する

次のページへ >

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5