Excel

ずっと使える万年スケジュール表の簡単な作成方法【Excel付】~IF/DAY/DATE/TEXT関数

自動で土曜や日曜のセルに色がつくようにする

自動で色がつくようにする範囲、A4セル~B34セルを選択します。

A4セル~B34セルを選択

 

条件付き書式を選択

[ホーム]タブのスタイルグループにある条件付き書式をクリックします。

条件付き書式の場所

 

今回も、新しいルールを選択します。

新しいルールをクリック

 

そして、数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択します。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択

 

それから、次の数式を満たす場合に値を書式設定ボックスに、=TEXT($A4,"aaa")="土"と入力します。

書式ボタンを押して、塗りつぶしタブを選択し、薄青色の選択します(色は好みで)。

書式の編集(土曜)

 

[OK]で確定すると、土曜日に色がついているのが確認できます。

土曜日に色がついた

 

同様に、A4セル~B34セルを選択し、次の数式を満たす場合に値を書式設定ボックスに、=TEXT($A4,"aaa")="日"と入力します。

書式ボタンを押して、塗りつぶしタブを選択し、薄赤色の選択します(色は好みで)。

書式の編集(日曜)

 

[OK]をクリックすると、曜日にも色がついているのが確認できます。

日曜日にも色がついた

 

 

自動で祝日のセルに色がつくようにする

最後は、自動で祝日にも色がつくようにします。

まずは、祝日のデータを用意します。

令和3年(2021年)日本の祝日・休日一覧令和4年(2022年)日本の祝日・休日一覧を参考に用意してください。

 

ここでは、別シートに、祝日のデータを用意し、シート名を祝日としました。
日付を示すA列の部分があればOKです(A列しか使いません)。

祝日のデータ

 

これまでと同様に、A4セル~B34セルを選択し、次の数式を満たす場合に値を書式設定ボックスに、=COUNTIF(祝日!$A:$A,$A4)=1と入力します。

 

今回も書式ボタンを押して、塗りつぶしタブを選択し、薄赤色の選択します(色は好みで)。

COUNTIF関数

 

6月は祝日がないので、7月に切り替えてみると、祝日に色がついているのが確認できます。

祝日に色がついた

 

以上で、使いまわせるスケジュール表の簡単な作成方法の説明を終わります。

ここで説明した設定が全て入ったExcelブックが必要な方は、こちらをクリックしてダウンロードしてください。

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5