Excel

Excelのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)をキーボードで操作する(ショートカットキー)

プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)のショートカットキー(キーボード操作)

プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使って入力するときに、毎回セルの右側の下矢印[▼]をクリックするのは大変です。

ですから、キーボード操作リストを選択するテクニックを覚えておきましょう。

 

プルダウンメニュー設定セルを選択

プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を設定しているセルを選択します。

プルダウンメニューを設定しているセルを選択

 

[Alt]+[↓]でプルダウンメニューを展開

プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を開くショートカットキー[Alt]+[↓]と押します。すると、プルダウンメニューが展開されます。

[Alt]+[↓]と押します

 

リストの選択は上矢印[↑]または下矢印[↓]

リストの選択には、上矢印[↑]または下矢印[↓]を押します。

下矢印でリストを選択

 

[Home]キーでリストの一番上の項目を選択

[Home]キーを押すと、リストの一番上の項目を選択できます。

[Alt]+[↓]と押します

 

[End]キーでリストの一番下の項目を選択

[End]キーを押すと、リストの一番下の項目を選択できます。

[End]キーでリストの一番下を選択

 

上のセルをコピー&ペーストできる[Ctrl]+[D]を合わせて使う

リストの項目が多い場合、矢印キーを使って項目を選択するのが大変になります。

今、入力したもの(上のセルと同じもの)を入力したいときは、上のセルをコピー&ペーストできる(下にコピー&ペーストできる)ショートカットキー[Ctrl]+[D]を使う方法もあります。

 

このショートカットキーが[Ctrl]+[C]→[Ctrl]+[V]より優れているところは、コピーとペーストが同時にできることです。

 

左のセルをコピー&ペーストできる(右にコピー&ペーストできる)ショートカットキー[Ctrl]+[R]など、このほかの便利なショートカットキーは、【81選】Excel(エクセル)厳選ショートカットキー・印刷用・早見表PDF付きの記事で紹介しています。

 

プルダウンメニューの作成(表示・設定)方法

データの入力規則を使った、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作成(表示・設定)方法を紹介しています。

ワークシート内のデータを使わない方法使う方法、そして、名前ボックスを使うテクニック、名前の定義を使うテクニックを図解しています。

excel-0060(アイチャッチ画像)
Excelのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を作成(表示・設定)する

 

Excel(エクセル)のプルダウン(ドロップダウンリスト)の解除(削除・消去)方法

設定してあるプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を解除(削除・消去)する方法を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

どこに設定してあるかわからない場合でも、簡単に全てのプルダウンメニューを探せるテクニックも紹介しています。

全てのプルダウンメニューを解除する方法
Excelのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を解除(削除・消去)する

 

関連記事

参考文献

-Excel
-

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5