Excel

【できる人必見】Excelで知っておくべき演算子が全てわかります!

[演算子]とは、エクセル(Excel)において計算比較文字列結合参照を指示するための記号のことです。

演算子の種類

エクセル(Excel)は、セル参照、定数、関数を[演算子]で組み合わせることにより、さまざまな計算ができるようになっています。[演算子]には、四則演算(加減乗除)のための算術演算子、2つの値の大小を比較するための比較演算子、文字列を結合するための文字列演算子、複数のセル参照をまとめるための参照演算子の4種類があります。

算術演算子

演算子 意味 使用例 使用例の説明
+(プラス) 加算 A1+B1 A1の値にB1の値を足す
-(マイナス) 減算 A1-B1 A1の値からB1の値を引く
*(アスタリスク) 乗算 A1*B1 A1の値にB1の値を掛ける
/(スラッシュ) 除算 A1/B1 A1の値をB1の値で割る
^(キャレット) べき乗 A1^2 A1の値を2乗する
%(パーセント) 百分率指定 A1*10% A1の値に10%(0.1)を掛ける

参考1|エクセル(Excel)で平方根、べき乗根を計算する方法

エクセル(Excel)で平方根や3乗根などのべき乗根をするには、[^(キャレット)]を使って分数や小数で指定してあげれば簡単です。平方根を返すSQRT関数や、数値の累乗を返すPOWER関数を使う方法もあります。

平方根、べき乗根を求めた事例

 

比較演算子

演算子 意味 使用例 使用例の説明
= 等しい A1=B1 A1の値とB1の値が等しいならばTRUE、等しくないならばFALSEを返す
<> 等しくない A1<>B1 A1の値とB1の値が等しくない(ノットイコール)ならばTRUE、等しいならばFALSEを返す
> より大きい A1>B1 A1の値がB1の値より大きければTRUE、以下ならばFALSEを返す
< より小さい A1<B1 A1の値がB1の値より小さければTRUE、以上ならばFALSEを返す
>= 以上 A1>=B1 A1の値がB1の値以上ならばTRUE、未満ならばFALSEを返す
<= 以下 A1<=B1 A1の値がB1の値以下ならばTRUE、より大きければFALSEを返す

Amazonミュージック【3か月無料で音楽聴き放題】

文字列演算子

演算子 意味 使用例 使用例の説明
&(アンド、アンパサンド) 結合 A1&B1 A1の値とB1の値を結合した文字列となる(文字列を返す)

参考2|文字列結合の例

Excelで文字列を結合する方法を徹底解説

参照演算子

演算子 意味 使用例 使用例の説明
:(コロン) セル範囲 A1:C3 A1セル~C3セル
,(カンマ) セル範囲の複数指定 A1:A3,C1:C3 A1セル~A3セルとC1セル~C3セル
(半角空白) セル範囲の共通部分 A1:B5 B1:C5 A1セル~B5セルと、B1セル~C5とに共通する部分、つまり、B1セル〜B5セル

セル範囲の例

A3:C5]は、A3セル~C5セルを選択範囲とすることです。

A3セル~C5セルを選択

 

セル範囲の複数指定の例

[A3:A5,C3:C5]は、A3セル~A5セルとC3セル~C5セルを選択範囲とすることです。

A3セル~A5セルとC3セル~C5セルを選択

スポンサーリンク

セル範囲の共通部分の例

A3:B5 B3:C5]は、A3セル~B5セルと、B3セル~C5とに共通する部分、つまり、B3セル〜B5セルを選択範囲とすることです。

E3セルに、SUM関数を[=SUM(A3:B5 B3:C5)]と入力してみると、B3セル〜B5セルの合計が返されます。

セル範囲の共通部分

 

参考3|[Ctrl]キーを押しながらセル選択する

参照演算子[,(カンマ)]の欄で紹介した[A1:A2,B1:B2]は、マウスを使ってできます。

まず、A1セル~A2セルをマウスで選択したあと、[Ctrl]キーを押しながら、B1セル~B2セルをマウスで選択すればOKです。

 

おすすめ記事

参考文献

-Excel
-,

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5