1分動画解説

VLOOKUP関数

VLOOKUP関数の基本的な使い方

ビジネスの現場で転記・集計を実現する最も重要なExcel関数、VLOOKUP関数の基本的な使い方を簡潔にまとめています。動画内では、絶対参照ショートカットキーのテクニックも紹介しています。

 

VLOOKUP関数のエラー表示対処法

Excel関数でエラー表示された場合、IFERROR関数を使うのが最も簡単です。VLOOKUP関数にIFERROR関数を組み込む方法が【1分】で理解できます。

 

VLOOKUP関数のエラーを非表示にする

Excel関数でエラー表示された場合、IFERROR関数を使うのが最も簡単です。VLOOKUP関数にIFERROR関数を組み込んでエラーを非表示にする方法が【1分】で理解できます。

スポンサーリンク

 

INDEX関数×MATCH関数

検索値が検索範囲の左端にあることが条件のVLOOKUP関数では、検索値が右側にある場合に対応できません。
そんなときは、INDEX関数とMATCH関数を組み合わせれば対応できます。この動画では、どう組み合わせばよいかを紹介するだけでなく、組み合わせた式を単語登録しておくことで、簡単に再現できることを【1分】で理解できるようお伝えします。

スポンサーリンク

 

ROWS関数

選択範囲の行数を返すROWS関数は、範囲選択の仕方次第で活用の幅が広がります。VLOOKUP関数の第3引数[列番号]に、COLUMNS関数を使って、[列番号]を自動で変化させるときと同じような範囲選択の仕方ですが、ROWS関数に適用することで、自動で伸縮するナンバリングを作ることができます。
テーブル機能と併用することで、ナンバリングを完全自動化できるようになります。

また、この範囲選択はマウス操作ではできないので、単語登録しておくことをおすすめします。備忘録にもなるので便利です。これらのことを、【1分】で理解できるようお伝えします。

なお、動画内では、ショートカットキーなどのExcelテクニックも紹介しています。

書式 :ROWS(配列)

SUM関数

SUM関数で累計をつくるとき、値の追加、行の挿入・削除に強い範囲選択のテクニックを紹介します。

書式 :SUM(数値)

スポンサーリンク

© 2021 まなびっと Powered by AFFINGER5